戻し交配とは・・   

東京都農業総合研究センターの「農総研たより」創刊号(PDFが立ち上がります)を見ると

d0022845_20272239.jpg
農総研たより創刊号より抜粋
この写真気になるな~なぜスパータンなの・・スパータン超えを狙うのか・・(笑)

「夏に強いブルーベリーの育種が始まる」なんて書いてあります。
昨夏、教授と飲んだ時に、そんな事始まってるですね~って言ったら、ブルーベリー担当の
学生さんと教授が・・あ~それね。うちがやってるだよ・・だって・・(爆)
受託研究かなんかなんでしょうね。

その中に戻し交配を約2700花やりました。ってあります。
さてその「戻し交配」とは・・のお話。BACK CROSS

A品種とB品種があります。A品種が目的の遺伝子を持ってるとします。それをB品種
に挿入したいとすると・・A品種とB品種を受粉させて、F1雑種を作り出します。
F1雑種の花とB品種を掛け合わ次世代(BC)にまたまたそれにB品種を交配させて・・
繰り返して(数回~10回)B品種に目的の形質遺伝子を挿入してやろうと言うのが、
「戻し交配」と呼びます。

えへへ

想像するだけでjuvenility(幼若性)がありますので、ものすごい時間がかかります
ね。例えば短めのブルーベリーの場合、種からやったら、もしや花が付くのが3年ほど
かかりますからね。

A品種とB品種のF1雑種が花付けるまで、3~4年
そのF1雑種にB品種を掛け合わせて、種が出来ました。それが開花するのに3~4年
BC世代にまた3~4年

ここだけで10年近くの時が経ちますね。新品種を作るっていうのはものすごい時間が
かかりますね。その挙げ句、目的遺伝子が挿入出来なかったら・・(爆)当たり前に
あることでしょう。遺伝子組み換えしたくなる意味がわかりますよね。

さてさてこの記事の続きは胚珠を培養しています。と書いてあります。バイオテクノ
ロジーです。これはどんな含みがあるのか先生に聞いてみたいところが、おそらく
ハイブリッドが作成することができると思います。

今年から私も実生やっています。交雑育種です。
デライトだけでも昨日鉢上げしてみて24本ありました。デライトとティフブルーの交雑
です。さてこの24本から1本出てきますか??
[PR]

by inokorisan | 2009-01-27 21:03 | ブルーベリー

<< 今咲いてる花 植物繁殖学 セカンドシーズン >>