日本海大海戦   

夜中ですが、雨は深深と降っています。
今日は明治時代に行われた日本海大海戦の日です。

中学生の時に、司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んで、日露戦争に興味持って
子供の頃、日露戦争の本ばかり読んでいました。今でも読むけどね。
なんか明治人のすごさを感じた訳ですが、自分の親父は明治人が嫌っていた
風潮がありました。子供の頃の先生の悪い記憶があるみたいですが、今は
居ないので何故だか分かりません。実は高校生のときに、俺は文化の日を
明治節に戻した方がいいのでは・・と討論したことがある。最終的には討論
から喧嘩になったが・・意見の不一致ですね。(笑)

お金も無い国が、国債を売りさばき戦費を調達し、10倍の兵力を持つロシアと
戦うというのだから、安政5年の日米修好条約以来の不平等条約。ロシアの脅威。
明治国家の置かれた国難は、今の時代にも通じる事と私は思っています。

この閉塞感の中、大震災、地震だけならまだしも、原発問題。こりゃ相当の国難
ですよ。これは戦争やれと言う意味ではありませんよ。
復興支援に増税だ国債だと、やっぱり金は掛かる。どうしても金は掛かる。どうやって
調達するだか、その方向性もいまだに立ってない。どうなっちゃてるの政府。

当時の日本だって、どうしょうもない日本国債を高い金利と関税を担保に入れて、
やっととこ調達したのですが、だんだん日本も緒戦で勝ちをおさめる事が出来て
きて、金利は下がっていったのですが、今だってやっぱり世界は日本を見ていま
す。

海水の注入中断がどっちだとか、何を言ってるだか、やっぱりメルトダウンは
していました。とか大本営発表かよ?
上村艦隊が開戦すぐにウラジオ艦隊を攻撃したけど、弾が届かなかった。とか
当時はちゃんとバットニュースも国民に伝えてたのにね。ミッドウェーの負け戦以来、
未だに情報がちゃんと出てこないって言うのは、やっぱり悪しき伝統なんだろうか?

そう思うと、明治政府はちゃんとしていたと思う。今と違って情報が楽に個人で
集められる時代ではなかったのに、悪いニュースもちゃんと出した事に、勝因
はあるのだろうと思う。ミッドウェーだって負け戦だった。と正しい情報を出せば
大東亜戦も勝てたじゃないかな。国民もバカじゃないから、ちゃんとした情報を
流せば、この状況をどう打破しよう。また政権も応援すると思う。今のでは早くも
責任の擦り付け合いにしか見えないから、民は何も期待しないし、行く先が不安
になるだけだよ。

で日露戦争に戻ると、連合艦隊司令長官は筋から言えば、日高 壮之丞である
べきが、山本権兵衛は東郷を据えた。また陸では乃木を更迭して、児玉が203
高地の攻略に当たった。

今、指導者の菅総理を交代すべきではない。との意見もあるが、日露戦争でも
指揮者を変えてきたし、ここで変える決断も必要じゃないかな。誰か?と人材が
いないが・・私は前原と原口でやるしかないと思ってる。総理を谷垣でもいいよ。
ちょっと菅と枝野と海江田では無理じゃないかな。菅は選出された時からもう
ダメポって思っていたが、地震で延命されてしまったのが国民の不運ではないか。
民を路頭に迷わせないでくれ。国家が個人を守ってくれとは思っていないが、
せめて生命といくばくかなの財産だけは守りたい。だから、税も納めるし、勤労も
する。

と日本海海戦の日に独り言をつぶやいてみました。ツイッターでは書ききれな
いもので・・すみません。
[PR]

by inokorisan | 2011-05-28 04:43 | 閑話

<< 東京優駿 日本ダービー 関東入梅 >>