人気ブログランキング |

一ヶ月経ちました。八年経ちました。   

今日(4/11)で、地震から1ヶ月。もう1ヶ月たったのですね。未だに余震が
続いていて、今朝も揺れました。いつまで余震が続くのでしょうか。学者さん
の話だと2年ぐらい続く可能性もある。と言うことなので、プレートが落ち着く
まで日本は絹ごし豆腐の上に載ってるような感じですね。早く木綿豆腐に
載ってもらいたいものです。

私も今日は親父の命日です。夜の7時に1時間続いた心臓マッサージを終え
たので、今、ブログを書いてる時間(午後4時)までは8年前の今日まで生きて
いた訳で、お客と社員連れて現場視察に出ていました。まだこの時間には
親父から舵取りを受け取ってなかったです。

毎年、元旦の顔合わせの時に、去年も出来ただから今年も出来る。と私は
言っています。幸い今年は妹も結婚して、送り出せたので、あと2人片付いて
くれれば、親父から受けとった任務も終わりなのかな。なんて思っています。

いろいろ合った8年でした。会社の軟着陸、社員の解雇、再就職。負債相続の
清算、子会社の社長の入院、死、やっぱり8年の時間は色々ありました。

先日も司法書士の先生がなくなって、葬儀の時、親父の仲間であった
ロータリークラブの人たちと、お~お前が来てくれたのか・・っていろいろ話し
ましたが、未だに親父の息子として、かわいがってくれました。やっぱり
親父の人気は衰えてなかったです。そういうのを見てると、いい親父の元に
生まれたな。と思ったし、人の死と生前付き合いあった人が一人減り二人減り
故人の事を忘れ去られた時、初めて人は死んでしまっただな。と思いました。

昨日、妹が命日だからとお墓参りに行ってくれたのですが、お墓に花があった
よとの事でした。うちの家は家訓でお墓に花を飾らないので、誰かがお参りに
行ってくれたのでしょう。

そう思うと、まだ父は生きてるだな。と安心感と家族の拠り所が出てきます。
私は仕事が親父が師だったので、やっぱり重要な決断をするとき、父なら
何をしたかと考えます。当たってるかどうかは分かりませんが、ただトレース
してるだけです。
私も父の元に戻ったのが、残り1年弱の時で、仕事の方法、哲学を少しは
学べて良かったな。と思います。まだ、教わり足りないですけど・・

私を戻せ、私には戻って来いと、父の友人の仲立ちした人から今朝、電話が
ありました。なんだ?命日だから電話くれたのかな?と思ったら、とうもろこし
の種(ピュアホワイト)まだ届かないのか?と督促でした。去年、作ったら美味
しくてまた種まきをするから取り寄せてくれとお願いされてて今年も取り寄せ
ます。

さて・・
外は突然、風が吹いて、雷、土砂降り。やっぱり11日はなんかある。
桜もそろそろ散っちゃうな。親父の葬式の時は桜が散っていました。

by inokorisan | 2011-04-11 16:14 | 閑話

<< 桜もお仕舞い ケースファンの交換 >>