ブルーベリーネット展張   

そろそろブルーベリーも色づくので、鳥に食べられてしまう
前にネット掛けが必要です。

去年は2回目の台風で縦に1m伸ばした単管の継部が折られた
ので、1m下げました。2mなのでブルーベリーも頭付いて
しまいますが、ネット張る作業は2mなので脚立もいらないし
作業性は格段に良くなりました。雨降ったらかなり下がると
思いますが、まぁそれは仕方なしですね。
でも設置などを考えると無理に3mにするより木を小さく維持
した方が脚立に乗る必要もないしいいかもしれないです。
d0022845_134419.jpg


d0022845_1331587.jpg
低いのできれいに張れます。

来週はいけないので、再来週は収穫でしょう。
[PR]

# by inokorisan | 2018-05-27 01:34 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(0)

エクセル線を張る時の新兵器   

去年、2回台風を受けて、縦にボーンジョイントで1m単管を
伸ばして(足場作業では縦にボーンジョイントを入れるのは禁止)
いたのですが、台風のパワーってすごいですね。ボンジョイント
が「への字」に軽く折れました。

結局、1m伸ばして天井を作るのはやめました。

で地上2mの天井にさげました。ブルーベリー天井ネットに
着いちゃいますが致し方ない。

電工作業の時にリングスリーブをかしめるのに圧着工具を使う
のですが、大のリングスリーブがエクセル線2本を通すとちょうど
いい。これでカシメれば、縛る作業が減らせるので、今回は
リングスリーブ接続にしてみました。

d0022845_2355474.jpg
ちょうど大のリングスリーブだとちょうどいい。中ではうちで
使ってるエクセル線は通らない。

d0022845_2363658.jpg
張線器で張力を掛けましたが、抜けることなく張れました。

今後、ネットを乗せて、台風やら耐久性はあるのか実験です。

リングスリーブはこういう用途で使うものではありません。
用途は電気工事で銅線同士を接続するのに使います。
大中小のリングスリーブがあって、電線の太さで使用する
リングスリーブと圧着する刻印が変わります。
最小の1.6mmの2本接続する時は「小」のリングスリーブ
に極小(刻印は◯)を打たないといけません。
それ以外は接続する線の断面積の合計で使用するリングスリーブ
が決定されます。

住宅なのでは接続コネクターで線の接続が多いですが、結構
接続不良で発火事故なども起きます。なので確実に接続するには
リングスリーブの方が確実です。
ゼネコンによっては接続コネクターのWAGO(ワゴ)は使用
禁止なところも多い。でも自分も接続コネクターのことをワゴ
って呼ぶほど、商品名が一般名称にもなるほどのスグレモノ。
ストリップして差し込むだけだもんね。
リングスリーブ接続だと、ストリップして、リングスリーブ
に入れて、圧着工具でかしめて、先端に飛び出てるのを切り落
として、絶縁テープで巻く。なんて作業面倒ですもんね。

電工試験の実技試験では、リングスリーブ接続と接続コネ
クターでの接続と2種類の接続方法が試験に出てきます。
このリングスリーブのサイズと刻印を間違えると重大欠陥で
試験は不合格。
だいたい試験課題では小のリングスリーブの使用で打刻ミス
(「◯」もしくは「小」)してないか?を問われます。
◯の時は1.6ミリ2本の時のみで打刻は極小(◯)になります。
それ以外は2ミリ+1.6ミリなどは打刻は「小」
たまに中のリングスリーブを使う課題が出るときもありますが
「大」を使うことはありません。

リングスリーブの「大」は電工試験では出てきません。
なので、試験では中までカシメられる圧着工具で試験をやる人が
多いです。「大」までカシメられる工具はちょっとデカイので試験場
の狭い机では扱いづらいです。試験はタイムトライアルなので
両手を使う「大」もカシメれる圧着工具はホント使いづらい。

私も「中」までの試験用の圧着工具で試験を受けました。(笑)
エビのマークのロブテックス

試験ではちゃんと打刻されるJISのハンドルが黄色い工具で受けないと
落ちます。赤い工具はダメ。

そんな滅多に使わない「大」もカシメれる圧着工具。
畑で日の目をみました。
[PR]

# by inokorisan | 2018-05-19 23:29 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(0)

久々の富士宮   

2018年遅い農作業始めです。

昨年末に片付けして、1月からと思ったら、仕事の忙しさと
東京の雪などで、のびのびになっていました。
行きの河口湖線から、どっどん!って出てくる富士山は
雪をかぶって富士山らしいです。
d0022845_05020900.jpg


















ライ麦の種まきが遅すぎたのか?毎年、よく発芽してる敷わら
分のライ麦が一本も発芽していませんでした。
毎年、仕事始めはライ麦の麦踏みだったのに、1本も生えて
いませんでした。種まきが遅すぎでした。

スイカのマルチに麦使う予定だったので、播種するか、それか
藁いらずを使うか。
まぁライ麦エリアがちょうど空いたので、牛糞撒いて土作りを
してもいいかな・・と2の矢と計画変更しようとも思います。

玉ねぎの肥料やり
木材工場からの樹皮搬入 軽トラ3杯
暖かくなったら、えっちらこっちら敷きます。

剪定を軽くやりました。
d0022845_04514022.jpg


















カマキリの卵梢が2つありました。昨年末にも一個発見して
安全な場所に移動しました。この2つはブルーベリーに付けた
ままにして置きました。だっていいシュートに卵産んでいたので
切る必要がありませんでした。

ただこのエリア・・トカゲが居心地いいみたいで、樹皮マルチの
下に住んでいます。生まれたら食べられちゃう可能性大じゃない
かな?

剪定した枝は挿し穂にしたいと思います。

[PR]

# by inokorisan | 2018-02-19 04:57 | ブルーベリー | Comments(2)

東京農工大ブルーベリー研究会 2018年 研究会のお知らせ   

第8回研究会


■日 時 2018年1月6日(土) 13:00~16:00(開場12:30)

■場 所 東京農工大学 府中キャンパス2号館2-11

■定 員 200名(先着順なのでご参加の方はお早めにお申し込みください)

■資料代 参加費は無料。資料が欲しい方は1,500円

■研究会終了後、懇親会を予定しております。会費2,000円

-プログラム-

開式挨拶
千葉 一裕(東京農工大学農学部長)

■「台湾の植物工場の現状について」
講師 黄 添富(台湾工業技術研究院 中分院センター長)

■「太陽光型植物工場の環境制御」
講師 望月 佑哉(茨城大学農学部教師)

■農工大学生によるショートスピーチ

■「丸浜ブルーベリーの取り組みと今後の計画」
講師 土屋 尚之(丸浜柑橘農業協同組合連合会次長)

■世界と日本のブルーベリー産業(7)
「EUにおけるブルーベリー生産利用の動向」
講師 小池 洋男氏(元長野県果樹試験場場長)

■懇親会


研究会に参加希望の方は以下に

件名には「第8回ブルーベリー研究会申込」とご記入ください。

(1)氏名(ふりがな)
(2)電話番号
(3)社名(学校名)
(4)参加人数
(5)メールアドレス
(6)資料希望の有無(部数、1部1,500円)
(7)懇親会参加の有無(会費 2,000円)

を本文に記載の上、noukoublueberry<@>gmail.comまでご送信ください。
<@>は@に書き換えてメール送信してください。(迷惑メール防止の為)

後日、事務局から折り返し、受付票をメールにて送信申し上げます。

当日、その受付票をご持参の上、受付にてご提示ください。
資料代(1部1,500円)は受付にてお支払いください。
懇親会希望の方は参加費2,000円をお支払いください。

*これまでの資料(第1回~4回)のバックナンバーをご希望の方は参加申し込みメールに追記してください。
1冊1,500円です。

ご興味ある方は是非ご参加ください。
http://web.tuat.ac.jp/~engei/bbsg/HTML/index.html




[PR]

# by inokorisan | 2017-11-27 21:23 | Comments(4)

ネットを張りました   

毎年、鳥に食べられていましたが、今年はちゃんとネット
を張りました。
d0022845_23233801.jpg

















今年はちゃんとブルーベリーが収穫できました。

エキサイトブログが使いづらくなっていて、最近はfacebookで
畑の事を書いています。暇になったら、他のページでアップ
するようにします。

[PR]

# by inokorisan | 2017-06-23 23:21 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(2)

玉ねぎ栽培2017   

富士宮で玉ねぎが2年連続失敗して、3年目。

3年目も懲りずにやってみた。

2年の失敗は「冬に苗が溶ける」
さすが富士宮。全国一の高低差のある市である。
ちょっと勘違いしていました。山梨側から車で
走ってくるから、あ~ずいぶん下がって来たな~
って思っていましたが、自分の畑は海抜230m
でした。
雪も降らないから、よけい霜柱はすごい。
霜柱で苗が持ち上がってを繰り返してると、
弱って無くなっちゃう。ですね。

今年はもみ殻と苗作りには気を使ってみました。
苗をセルトレイにして、根を痛めないようにしました。
あとは保温にもみ殻をふんだんに・・。

もみ殻はふんだんに使いました。1月29日
植え付けした後に撒いたもみ殻が風で飛んで無くなっていたので
再度、もみ殻を撒きました。

d0022845_01473904.jpg



























溶けずになんとか2月19日撮影
d0022845_01485659.jpg





























生長が始まりました。3月12日撮影
d0022845_01505120.jpg





























だいぶ玉ねぎもやる気出してくれてきます。4月15日
MZK氏とN宮博士が手伝ってくれています。

d0022845_01533782.jpg





























5月8日 中生は肥大してきました。

d0022845_01552794.jpg





























今年は収穫まで行きそうです。中生アトンは肥大してきた。
晩生のケルタマはまだ。

この後、落花生が来るので、早々に畝を空けてもらいたいです。
まぁ6月の中頃を焦点に落花生播種して苗づくりするので、あと1月。
周りの畑は落花生苗植え付けてるのを見るので、追い立てられる感じが
しています。

[PR]

# by inokorisan | 2017-05-10 02:02 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(0)