<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

ブルーベリーの引き下げ   

今日もいい晴れ 明日は天気が崩れるそうですが・・
朝一番に仕事を終えて、急ぎ有明まで首都高速を飛ばしましたが・・
セミナーには間に合いませんでした。(笑)

三宅坂あたりがいつもより混んでいたような・・永田町が解散騒ぎだから
右往左往で渋滞していたのでしょうか??(笑)まぁ午前中ですから、まだ
お里入りには早すぎですね。

会場について、またぶらぶらしていました。ひっきりなしにブースにお客さん
来ていたので、少しお手伝いで資料を折ったりしただけです。
ブースの裏の休憩席で折り紙していたのですが、ちょうどシャシャンボ接木
で有名な、宮崎大の国武先生がおられたので、挨拶させていただきました。

TVいつも見ています・・趣味の園芸ね。
シャシャンボ接木がカルスの乗りが悪いのです・・とか変な事を話してしまい
ました。(汗)
先生からは来年出るという新品種の話を聞かせいただきました。

まぁちょびっと名刺交換させていただいた時間でしたが、良い記念になりま
した。

その後、2時にブルーベリーを回収して、荷台に積んで、いざ出発。
相変わらず金曜日の夕方、首都拘束が渋滞。NHKラジオで衆院解散の
実況中継などを聞きながらのんびり走らせていただきました。まぁ荷台の
ブルーベリーを転がしたら大変な事になるので、慎重に走らせましたので
ちょうど良かったです。

久々に首都高速走ったら、入り口間違えて9号入っちゃいました。(汗)
9号からC1から4号へ。ちょっと遠回り・・
d0022845_0354638.jpg
でもスカイツリーがばっちり見えました。ちなみに渋滞ドはまり中。

無事、植物工場に到着。実験材料だし、一所懸命育ててる学生さんもいるので
大きな枝折れもなくて良かったです。
[PR]

by inokorisan | 2012-11-17 00:49 | ブルーベリー | Comments(6)

アグノ・イノベーションに行ってきました。   

今日はビックサイトまで農工大植物工場のブルーベリー苗を軽トラに乗っけて
走ってきました。
紅葉・落葉しているブルーベリー苗なら気が楽ですが、この苗、植物工場の
苗なので新梢は出ているわ、花は咲いてるわ、実もたわわについてる苗で・・

軽トラの振動や風圧で実が落ちてしまったら台無しだわと言う代物。

朝、転倒防止にロープを掛けて、風の影響をなるべく受けないように府中から
台場まで下道で運転してきました。まぁ首都高も渋滞していたので、大して時間
ロスは無かったとは思います。

無事にビックサイトまで運びまして、学生さんに展示してもらい私の仕事は終了。
d0022845_23292716.jpg
実や葉っぱ、枝折れなく運べてよかったです。
d0022845_23301999.jpg
学生さんが説明しています。

せっかくなので、休みだし展示を見ていきました。
学校からは展示者タグをもらっていたのですが、展示者タグでうろうろしてると、
何遊んでるんだ?と思われかねないので・・
d0022845_23314155.jpg
住宅・ハウスメーカーの建築的なタグを貰いました。(笑)

回りましたが、LEDや植物工場系の紹介してる企業が多いですね。でも野菜工場
ばかりでリーフレタスなど非結球野菜ばかりでした。まだ光が弱いですかね。
まぁ目新しいものはありませんでした。

興味に残ったのは、ITC技術でした。三重大学のブースは良かったな。
すでにデーター収集ものは出ていますが、三重大学のシステムは簡素そうで
いい感じがします。あれなら安価にフィールドサーバーになりますね。
将来富士宮フィールドが出来たら、遠隔地なので、どんな状況か・・って言うのは
自宅で見たいと思っているので、参考になりました。

今度は金曜日に再度、ビックサイトにブルーベリーをお迎えに行くので、早めに
行ってセミナー聞いちゃおうかな・・などと思っています。
弘前大学の「接木による新たな品種改良法」これ興味あります。どんな事だろう・・
キメラじゃないの?
それだと「新たな・・」って言うのにはどーなのかな?まぁ真相は間に合えば聞いて
みたい話です。
[PR]

by inokorisan | 2012-11-14 22:56 | ブルーベリー | Comments(2)

東京農工大学ブルーベリー研究会 第2回研究会のお知らせ   

東京農工大学ブルーベリー研究会 第2回研究会が行われます。

■日 時 2013年1月12日(土)
■会 場 東京農工大学府中キャンパス第1講義棟 25番教室
■定 員 200名
■資料代 参加費は無料 資料の欲しい方は1500円

1.「開式挨拶」

東京農工大学先進植物工場研究施設の特徴とこれまでの成果についてご紹介いたします。

2.「植物工場に関する経済産業省の取り組みと今後の方向性」

植物工場に代表されるような、工業の技術、商業のネットワークを農業に活用し農商工連携を
進めていくことで、地域の基幹産業である農林漁業の成長産業化を加速させ、ひいては我が国
経済の牽引を目指すため、経済産業省の行なってきた取り組みと今後の方向性をご紹介いたします。

3.「先進植物工場の新技術(2) ブルーベリー果実収穫ロボットの紹介と実演」
果実の色、柔らかさ、もぎ取りやすさを計測することで甘さを推定し、甘い果実だけを自動的に
収穫するロボットの実現を目指し研究をしています。今回は試作したロボットによる実験の様子
をご紹介いたします。後の植物工場見学会では実演も予定しております。

4.「世界と日本のブルーベリー産業(2)文献情報・現地視察を通じた世界の
   ブルーベリー情報(2)」

前回は世界における各産地の品種についてご紹介いたしました。今回はブルーベリーの
生産性、潅木としての生育特性についてお話いたします。

5.「東京農工大学学生によるショートスピーチ(2)」

6.「フィールドサイエンス(1)剪定と冬季管理」
ブルーベリーの冬季管理は次年度の結実に非常に大きな影響を与えます。ブルーベリー剪定
について、間引きの仕方や主軸枝更新などのコツを解説いたします。また効率的な施肥や
マルチングについてもご紹介いたします。

7.見学会および講習会
コース1 東京農工大学先進植物工場見学(荻原・水口)
      植物工場内を見学して頂くとともに地下室にてロボットの実演を行います。
コース2 剪定講習会(果樹園見学会)(伴・小池)
      FSセンター果樹園にて冬季管理の実例を紹介しながら講習を行います。
      
と目白押しの講演・講習が企画されております。
ご興味のあるブルーベラーの方々ご参加されはいかがでしょうか。

詳細は東京農工大学ブルーベリー研究会をご覧くださいませ。
[PR]

by inokorisan | 2012-11-08 23:14 | ブルーベリー | Comments(8)

富士宮打ち合わせ   

今日はいい天気でしたね~
おばあさんの一周忌で富士まで法事に出かけてきました。
東名から見る富士山が雲もなく、すそ野まで開けぴろげでした。

そういえば、大河ドラマ武田信玄で「駿甲相三国同盟」にて、うそかほんとかわ
かりませんが、富士山のすそ野が見えるか、山ですそ野が隠れた方が上品か
表富士がエレガントか裏富士エレガントかがの言い合いがあった。などと大河
で描かれたいましたが、国主同士が口喧嘩するかよ・・とは思っています。
しかし、この議論は今でも静岡・山梨では起きるよね。

私の判定は、やっぱり富士山は表富士がいいよね。表富士って太平洋側の
静岡県から見た富士山ね。さて・・この表富士って表現も山梨県側から見れば
こっちが表富士だ~とか延々続きそうな話よね。

法事が終わって、土木屋さんを畑に呼んで、伐根作業の現場を見てもらいました。
見積をしてもらって、金額も出たので、来年の秋には伐根作業をお願いすることに
なりました。
スケルトンバケットを使って、ススキの根っこを漉き取りしてもらうことにしました。
春からの除草を徹底して、秋に遣り方、伐根、植え付けまでいけるようにしたいと
思っています。
やばい苗を作らないと・・今年の春は苗を促成で作り上げたいと思います。
その前に苗本数出すのに測量して、測量図と配置図を作らないと・・年内に精度は
さほどいらないので平板測量行ってこよ。
[PR]

by inokorisan | 2012-11-04 22:46 | ブルーベリー | Comments(4)

ビワの様子   

今朝は寒かったのに、昼間はぽかぽか。今日から11月なので今年も2ヶ月
おどろきです。

夕方から時間があったので、ちょっとネタ探し・・

ビワの花芽が見えてきた事くらいです。(笑)
d0022845_1552243.jpg
夏たよりの花芽 昨年、初めて収穫しましたが、みずみずしくて食べ応え
あり、これは感動しました。

おととし接木したビワにも花芽見えてきました。
d0022845_15532430.jpg
接木してから2年で花芽が出てくるのだな・・と分かりました。
接木の場合先端を切除して穂に使うので、接木当年に癒合 新葉の発達
その先端に花芽ですから、結果習性から言えば当たり前ですね。
ビワは茎頂に完璧に花芽が付きますので、剪定で茎頂を切っちゃえばその
年には花芽が付きませんので、分かりやすいと言えば分かりやすいです。
特にビワの剪定で実を付けたければ先端を切らないように・・
d0022845_15593789.jpg
今年接いだビワさんも癒合完了。上の例を見ると来年新芽を伸ばして、再来年に
果実を付けると言う算段ですな。ガムテープを外しましたが、まだまだラップが
足りないので、穂を支える為に支柱をしました。ビワは葉が大きのと成長が良い
ので風で接ぎ穂があおられてポッキリしちゃう恐れあり、まだまだ油断禁物
ですね。どうも見てる限り穂が台木を覆いかぶさるのに3年ぐらいの時間が掛かって
いるみたいです。
[PR]

by inokorisan | 2012-11-01 16:04 | ビワ | Comments(8)