カテゴリ:ブルーベリー( 846 )   

接ぎ木苗   

春にひさびさに作った接ぎ木苗。

接ぎ木100本ノック
2016年3月21日の記事

畑にそろそろ植え替えなので、屋上から1階に降ろしておきました。

d0022845_14383997.jpg

大(A1級)でおよそ3尺以上、中(A2級)でおよそ2尺、小(B1級)でおよそ1尺
B2級は予選落ちで本場(本圃)には行けません。

A1で8本 A2で15本 B1で15本
d0022845_143905.jpg


グランプリに向けて38艇(本)がいい成績を残してもらえるとうれしい。
[PR]

by inokorisan | 2017-01-13 14:35 | ブルーベリー | Comments(4)

第7回東京農工大ブルーベリー研究会   

農工大で来年1月にブルーベリー研究会が行われます。

d0022845_17295874.jpg
参加費無料

ポスター(別ウィンドが開きます)

申し込み方法など詳しくは・・
東京農工大ブルーベリー研究会のホームページへどうぞ
[PR]

by inokorisan | 2016-12-08 17:36 | ブルーベリー | Comments(2)

接ぎ木100本ノック   

カワサンからいいエチョータの穂木が届いたので、久々に接ぎ木で
エチョータを育てようと思いました。

d0022845_1541487.jpg
台木には屋上で放置されていたホームベル 勘定したら120本ありました。

検索キーワードに「接ぎ木」が多いので、今回は丁寧に解説
したいと思います。

必要なもの
台木(通常はラビットがいいですね)
穂木(通常はハイブッシュブルーベリーがいいですね)
*もちろんのその逆もありますが、まぁ滅多にやらないでしょう。
寒い地域だとハイブッシュ+ハイブッシュなどはあるでしょうが・・

果樹栽培では接ぎ木はメジャーな増殖方法です。品種の更新など
に接ぎ木で対応すれば早く収穫まで持ち込めます。
ただブルーベリーで接ぎ木栽培は将来の剪定更新などを
考えるとメジャーではないでしょう。
なかなか上手いぐあいに穂品種から枝が出てくれない。ので
思い切った主枝更新ができないデメリットもあります。

d0022845_15462188.jpg
今回は穂木はハイブッシュブルーベリー(エチョータ)です。
大粒で甘みもあり、おすすめの品種です。
地植えでも府中では黒ぼくでも問題なく自根栽培はできます。
ただ、水管理などハイブッシュブルーベリーは府中ではめんどくさいです。

今回は将来、富士宮でほぼ無管理(水やりなんてできません)で育て
ますので、ラビットアイの台木に接いで、放置プレーで栽培を目指します。

使う道具
d0022845_15545133.jpg
剪定はさみ、小刀、パラフィルム、ビニールテープ

小刀は切れるように研いでおくといいです。私は坂光の接ぎ木小刀
を使っています。これに慣れてしまったのか「曲」の方がいいです。
あと、やたら斬れます。すばらしい一品です。

d0022845_160799.jpg
台木の上側は必要ないのでカットします。枝はまた挿し木すれば台木に
なります。
台木の上端(うわば)はハサミで切った後に、小刀できれいに
削って均しておきます。ついでに差し込み側にテーパを切って
おきます。(将来カルスが盛ってきてふさがってしまいます)

d0022845_1633886.jpg
穂を1芽残して切り出します。
芽が外を向くように、芽の逆側を大きく1刀 芽側を小さく1刀

d0022845_1643152.jpg
台木に切り込みを入れて、穂を差し込みます。(芽は外側)
台木の切れ込みは小刀は片刃ですから、平らの方を内側に
1センチほど垂直に切れ込みを入れます。水が上がってる
時期なので木が柔らかいですが、硬い場合は小刀の背を
ぐーでとんとんと叩いてあげるといい塩梅で切れ込みが入り
ます。まぁ小刀を扱っていますので、気を付けないと手を切り
ますので気を付けて。

d0022845_1691055.jpg
パラフィルムを巻きます。ニューメデールでもいいです。
私は安いパラフィルムを使っています。一まきで一生分
あるじゃないかな・・

穂を固定する感じで、巻きます。芽も1重だけ巻きます。
1重だけ。4月になると、芽がパラフィルムを破って出て
きます。

d0022845_1613337.jpg
パラフィルムだけの固定ですと甘いので、私はちょっときつめに
ビニールテープを巻きます。

将来、芽が伸びてくると、カルスが盛ってくるので
パラフィルムもビニテも剥がれてきます。(半年後ぐらい)

これからの管理はじきに芽が伸びで来ますが、なめくじとか
に食べられないように注意を・・5月の連休頃から一気に暑く
なるので、木陰に移してあげるとgoodです。

以上、ブルーベリーの接ぎ木でした。
[PR]

by inokorisan | 2016-03-21 16:18 | ブルーベリー | Comments(2)

第6回東京農工大ブルーベリー研究会のお知らせ   

■日 時 2016年1月9日(土) 13:00~17:00(開場12:30)

■場 所 東京農工大学 府中キャンパス第1講義棟

■定 員 200名(先着順なのでご参加の方はお早めにお申し込みください)

■資料代 参加費は無料。資料が欲しい方は1,500円

-----プログラム-----

■開式挨拶 荻原勲(東京農工大学農学部長)

■「農業分野におけるロボット/ドローン活用の取組み」
~最新動向と適用事例及び今後の展開~
講師 水内郁夫(東京農工大学教授)

■最新のCO2局所施用手法について
講師 藤原慶太氏(株式会社テヌート代表取締役)

■農工大学生によるショートスピーチ(6) 海外文献紹介
    細矢華子/門脇芽衣子(東京農工大学大学院農学府)

■ブルーベリーの害虫と防除
講師 笹脇彰徳氏(長野県野菜花き試験場花き部長)

■ブルーベリーの病害と防除
講師 近藤賢一氏(長野県果樹試験場主任研究員)

■世界と日本のブルーベリー産業(5)
「ヨーロッパにおける苗木認証システム(ウィルス・病害フリー苗木
の流通のために)」
講師 小池洋男氏(元長野県果樹試験場場長)

---------------------
申し込み方法など 詳しくは・・
http://www.tuat.ac.jp/~engei/bbsg/HTML/index.html
[PR]

by inokorisan | 2015-12-10 13:55 | ブルーベリー | Comments(2)

ハサミの手入れ   

今日は午後まで打ち合わせがないので・・
2日がかりでゆっくり道具の手入れしました。

小刀を研いだり、felcoのハサミの手入れしたり。
前に使っていた岡恒のハサミは切った時のショックが大きすぎて手が痛く
なるのですが、なかなかフェルコのハサミはいいですね。ショックはだいぶ
和らぎます。最近のお気に入りです。

d0022845_1150549.jpg
黒くヤニが回っていましたが、分解して、アルスのヤニ取りで磨いて、刃を研いで、
グリスを塗って調整。グリス切れだったのか、グリス塗ったらいい塩梅。

d0022845_11513254.jpg
ホルスターも革用オイル塗って、いい感じ。

d0022845_1152942.jpg
次の出番を待ちます。

作業ベルト通して、掛けてありますが、お~ホルスターにハサミ収まってるのを
みると、西部劇のガンマンみたい。ベルトの両サイドに位置を動かすかな・・
ジャンゴ(DJANGO)みたいな革ベルトにしたいな。
[PR]

by inokorisan | 2015-03-24 11:59 | ブルーベリー | Comments(3)

ブルーベリーの挿し木   

今日の東京は暖かい。暑いぐらいです。

午後から時間があったので、鉢上げと挿し木をしました。

ひさびさの挿し木。
d0022845_1741376.jpg


挿し木の復習
・穂木は挿し木直前採取でも良いが、秋冬の剪定時に採穂したものをビニール袋
できっちり保存して、春に使用してもよい。

・穂木採取時に枝の上下に気を付けて保管する。(芽が上向てる方が上)

・発根のプロセス
1.挿し穂の切断面のカルス形成
2.皮目の発達
3.表皮の亀裂
4.基部の肥大
5.基部以外からのカルス形成

・芽から発根は言い過ぎ
切断面からカルス形成を過ぎ、発根に至る。発根後の観察をすると、芽から発根
してるようにみられるものがあるが、皮目からのキズなどの部分からも発根はある。
皮の柔らかい部分から発根するので、芽から発根と言うのは間違いである。

・挿し木後の散水
発根までは散水は欠かさず、発根後は水やりを控え、発根を促す。

d0022845_1757328.jpg
キレイに並べて、日当たりに。強い日も悪いが、日光がないと発根悪い。
[PR]

by inokorisan | 2015-03-17 17:58 | ブルーベリー | Comments(4)

川内村に行ってきた。後篇   

ベレッシュを後にして、私たちは夕飯食べながら、磐梯熱海の宿に向かいました。
もちろん雪は降っています。

雪見しながら露天風呂を楽しみました。

2日目は
不覚にも私は2度寝してしまい。起きたのは朝食準備できていますよ。と8時に
内線電話で起こされました。
ごりらさんはすでに朝風呂も済まし、朝食待ち体制でした。

朝食後、また雪見の朝風呂。10時にチェックアウトしました。

さて・・何するか・・会津ですから、鶴ヶ城を見学に行きました。もちろん外は雪です。
それも吹雪。

d0022845_23432072.jpg
雪の鶴ヶ城 幻想的です。外は寒いけど・・

d0022845_2344810.jpg
松は雪吊りされています。

d0022845_23443966.jpg
雪の中から会津武士が現れました。まさに「王城の護衛者」です。

そして・・斬られました。

d0022845_23451777.jpg
新政府軍薩長の人間だと思われ、一度は斬られましたが、
新撰組組長近藤勇や鬼の副長土方歳三の出身である多摩郡(たまごおり)の人間だ
と言ったら打ち首されずに許してもらえました。タスカッタ・・

天守閣まで登り 会津の城下を見渡しました。まぁ吹雪いてて、おまけに風が強い。
こりゃ八甲田だわと思いました。ごりらさんが気づきましたが、鶴ヶ城のスタッフたちは
みんな親切でサービス精神旺盛だよね。と感心していました。確かにみんな親切で
入場料が安く感じました。

昼ごはんは
d0022845_2354221.jpg
福島のそばを食べました。粉も福島産で十割そばで、女将が手打ち作業を見せてくれました。
ついでに
d0022845_23554028.jpg
会津名物ソースかつ丼も食べました。
2日間食い過ぎで帰宅してから夕飯食べられませんでした。

とても楽しい旅でした。ごりらさんありがとうございます。福島の人は親切で気分
良かったです。ただ一つ文句を言えば、どうもみそ汁を3回頂きましたが、私の
口に合わなかったことです。たまたまなんでしょうが、味噌が問題ではなく、出汁が
薄いのかもしれません。最後は余計な話でした。
[PR]

by inokorisan | 2015-02-17 00:07 | ブルーベリー | Comments(4)

川内村に行ってきました。前篇   

子供の頃から志ん生の火焔太鼓が好きで、カセットテープで聞いていました。
今もラジオ寄席とかで火焔太鼓を聞くと、いろいろな落語家さんが火焔太鼓をやっています。

昨日もTBSラジオのラジオ寄席で桂歌春(うたはる)さんの火焔太鼓がやっていました。
子供の頃から志ん生の火焔太鼓に慣れ親しんだせいもあって、聞き比べてしまうのですが。
甲乙は置いておいて、置いておく理由はまぁ慣れ親しんだのもあるし、やっぱり圧倒的な
ものがあります。

落語にはくすぐりっていうのがありまして、まくらと言うやつです。本編(落語)に入る前に
笑いを誘いつつ徐々に落語の世界にトリップさせるものなのですが。火焔太鼓にもいろいろ
あります。

夜店の道具屋さん
「鎮西八郎為朝が小野小町にやった手紙」(夜店)-->「時代が違うからあるわけがない」(お客)
「あるわけないのがあるから珍しい」(夜店)

落語なんて作り話だから、おかしい訳で、あるわけないのがあるから面白い。

そんなことがブルーベリー栽培にもあるわけで、真冬の雪の中にあるわけないブルーベリー
がたわわに育ってるから面白い。そんなお話です。

土曜日に農工大が福島県川内村でやってる実証研究圃場の見学会に行ってきました。

ブログ「ごりらの蒼い宝石」のごりら(通称)さんの車にご一緒させていただき、福島まで
行ってきました。
前回の農工大ブルーベリー研究会で福島見学会をやると言っていたので、研究会が
終わってからのお茶会でこれは泊まりで福島観光しながら行きましょう。と言っていた
ので、土曜日泊まって、温泉を楽しむ計画までしていきました。

10時過ぎには川内村に到着して、いわなの郷でバス組を待ちました。と言ってもバス組が
来るのが13時だったので、2時間ちょっとあります。来る途中にあった「かわうちの湯」で
ひと風呂あびますか・・と風呂に入って、昼ご飯を食べました。

d0022845_22295721.jpg
かわうちの湯名物「いわな天丼」1000円

d0022845_22461718.jpg
さっぱりしてバス組を待ちました。バス組は郡山駅から見学者をピックアップして川内村
に手順です。新幹線が遅れて1時半頃、バス組到着。遠くは岩手からの参加者、小池先生
をはじめとする長野組、そして私たち、バスは満席で50人ほどの参加者でした。

d0022845_22332139.jpg
実証研究ハウス 廻りは雪です。寒いです。

d0022845_2234376.jpg
昼間でハウス内は26度程度で、カイロも2つ仕込んで厚着していますから汗が出ました。
ハウス出る時に小池先生から厚着しすぎと笑われてしまいました。(笑)寒さに慣れてない
江戸の人間の性です。寒い所行くだから過剰に厚着してしまうですよね。
夜温は3度まで下がるので、加温してるみたいです。

その後、川内村内にある。kimidoriの植物工場の見学もしました。
d0022845_2241291.jpg
kimidoriではよくあるLEDと蛍光灯による葉菜の植物工場でした。
現在稼働率が50パーセントいう事で、理由は人手不足 現在は20人の人員で稼働してる
そうですが、帰村者が少なく働き手が足りないのが理由だそうです。

ふたたびいわなの郷に戻りセミナーが始まりました。
d0022845_22495045.jpg
福島のテレビ局も取材に来ていてカメラを回していました。TVの人にいつやるの?って聞いたら今週末だそうです。もちろん福島だけなのですが、見たいな~って言ったら、ちゃんとHP
にアップしてくれるそうです。
d0022845_22503046.jpg
川内村の村長さんも挨拶に来てくれました。
嘘かホントかわかりませんが、川内村にこんないっぱい人が集まることがないからスリッパの
無い人がいて本当にすみませんでした。と言っていましたが、実は私もスリッパがありません
でした。でも、やっぱり村長さんですね。すぐに気づきスリッパを手配してくれました。感謝。

d0022845_22572769.jpg
荻原先生の質疑応答。これが活発な質疑で楽しかったです。

再度、バスは郡山に向かって、帰りの新幹線に乗る時間もありますから、野菜直売所
ベレッシュに向かいました。私らも自家用車でベレッシュに向かい。今夜の宿磐梯熱海温泉に
向かいました。
d0022845_2391739.jpg
ベレッシュは品数も多く、値段も手ごろで、あ~いい直売所だな。と思いました。
d0022845_2332271.jpg
写真は放射線検査室

づづく
[PR]

by inokorisan | 2015-02-16 09:15 | ブルーベリー | Comments(0)

第5回ブルーベリー研究会のお知らせ   

東京農工大ブルーベリー研究会 第5回研究会があります。

日時:2015年1月10日(土)
場所:東京農工大学 府中キャンパス第1講義棟ほか

++プログラム++

■「ブルーベリーといちごの植物工場」
講師 鈴木多島氏(第一実業株式会社)

■「先進植物工場の新技術(6)先進果樹苗生産工場との連携によるブルーベリーの
  オフシーズン出荷技術の実証実験(福島ブルーベリープロジェクト」
講師 荻原勲氏(東京農工大学教授)

■農工大学生によるショートスピーチ(5)

■「世界と日本のブルーベリー産業(4) ブルーベリー園の生産力推移と収益確保に
  向けた栽培技術を考える」
講師 小池洋男氏(元長野県果樹試験場場長)

■東京農工大学先進植物工場研究施設見学会

良かったらどうぞ。
申し込みなど詳しくはこちら
[PR]

by inokorisan | 2014-12-15 15:54 | ブルーベリー | Comments(6)

ブルーベリーの紅葉   

ブルーベリーの紅葉を見に屋上に上がりました。

d0022845_1982672.jpg
すっかり葉っぱも落ち始めました。これで風吹いたらなくなっちゃいますね。
右側のサザンが富士宮に行きます。

d0022845_1994547.jpg
アスパラ側にあるブルーベリー類も富士宮に行きます。

d0022845_19105052.jpg
台木に作っていたラビットもお邪魔なので境界線際に植えようと思っています。

今年の3月に植えたサザン類が大関ナーセリーの苗なので、例のごとくさび病が
やたら出ていたので、この冬はまじめに消毒しようと思います。
[PR]

by inokorisan | 2014-11-25 19:14 | ブルーベリー | Comments(0)