農工大に行って来ました。   

午後から農工大にアポイントももらって行ってきました。
院生の亀有さんにいろいろ紹介していただきました。丁寧な説明でありがとうございます。
亀有さんの研究テーマはちょっと難しかったです。実を付けた場合と付かなかった場合の
活性の度合いみたいな感じです。
その後に荻原先生に解説していただいたところ、ブルーベリーは古枝ほど多くの実を付ける
が成長が悪い。用は根の張り方みたいです。特にハイブッシュに関しては顕著で、古木に
なるほど、成長が悪く、実付きはよいそうです。
d0022845_1633305.jpg

亀有さんのブルーベリー
左の枝は花芽を落として、結実させず、右の枝は放任で結実させた場合の成長の研究
有効な手段はラビットアイを台木に、ハイブッシュを接ぐ
今度、アポとって、接木挿し教えてもらうことにします。(ミスト室に連れて行っていただき
接木挿しと実生を見せてもらいました。
接木挿し
d0022845_1638731.jpg

実生
d0022845_16594796.jpg

中国からの留学生「車」さんから丁寧な説明を受けました。
私の友人が、台湾ではブルーベリーは無いと言っていましたが、中国ではあるそうで
東北部だからでしょうね。とても日本語も上手で、熱心な方です。
d0022845_16451024.jpg

この木は「エチョータ」 500円玉をちょっと欠けるぐらいの大粒をつけています。
育て方が良いのでしょう。ぶどう並みに実付きが良いのでしょう。
ここで、車さんがチャンドラを紹介してもらいました。大粒の続きで・・・
d0022845_16511555.jpg

これも大きい、実の形は良くはないですが、大きい。魅惑です。
車さんオススメのラビットアイ ブライトウェル
d0022845_1654459.jpg

研究室のみなさんで、ラビットアイの味見をしたそうです。ウッダート、ティフ、ブライトウェル
その中で、ブライトウェルが一番おいしかったそうです。写真ではラベルがついていますが
学生が受粉の実験をしているそうです。
先生もおっしゃっていましたが、ラビットアイの方が東京に合って、いてハイブッシュより
おいしいとの事、確かに受粉の問題があったせいで、私の家では収量もないし、歩留まり
も悪かったから敬遠していましたが、今日、話を聞いて、ふむふむと思いました。

私が大学すごしたのも新宿のビルの中でしたし、農工大のケヤキ並木通った瞬間に
あ~ここ学生はうらやましいと感じる程、自然いっぱいでした。私もこんな広大なキャンパス
で、学生時代を過ごせたら良かったなと思っちゃいました。また大学受験しなおそう
かな。暇だし

一杯、写真も取らせていただきました。いろいろ教えていただきました。
近くに、こんな立派な研究施設があって、荻原先生、亀有さん、車さん今日はとても
ありがとうございました。特に、荻原先生の丁寧な説明には感動いたしました。
これからもいろいろ教えていただけたら幸いに思います。
[PR]

by inokorisan | 2005-06-17 16:04 | ブルーベリー | Comments(1)

Commented by yume-no-izumi at 2005-06-17 20:08
うわぁ〜っ すごいですねー!
感動したあまり、ぜんぶの画像保存しちゃいました。

エチョータ、生で食べてみたいです。
難しそうだけど、挿木もいつかは挑戦してみたい…

ケヤキ並木!!
私、ケヤキとか楓が大好きなんですよ。毎日の通学が楽しそう。
キャンパスの空気というか緑の木々のあの”香り”も良かったのでは?

<< ゴットファーザー おでこ・・・ >>