節分会   

立春の前の日が節分で豆まきしますね。

鬼は外、鬼は外、福は内、なんて豆まきしますね。ぱらぱら撒いて。

なんで節分会をするのか・・節分は文字の意味通り、季節の分け目にあるわけで、
年4回あるのですが、この2月の節分祭とかしますね。長い冬が終わってやっと春
の訪れですから尚更重要です。

これは陰陽道の節分会から来ています。古い暦では、立春が元旦になりますので
節分は大晦日・・
節分の日って子供の頃からちょっとシーンって言う感じがしています。(居残りの感じ)
その日は結界が崩れる日と位置して、鬼がこっちの世界に入ってきちゃうので、豆を
ぶつけて、追儺をしましょう。という事だと私は信じています。

陰陽五行思想は結構今の行事に残っています。ひな祭り、端午の節句、七五三、
七夕とかね。
なんで豆をぶつけるか・・魔滅(まめ)って言う語呂合わせだから、結構笑えます。

そう思うと、旧暦やら廿四節気で考えると、季節ってリアルに伝わってくるから面白い
ですね。
暦なんて言うのは、元来農事暦ですから、暦屋として今年こそはブルーベリー暦を
作ってみたいなんて毎年思ってるですけどね。毎年口だけになっています。
[PR]

by inokorisan | 2009-02-03 05:24 | 閑話 | Comments(8)

Commented by Blitz at 2009-02-03 08:52 x
>なんで豆をぶつけるか・・魔滅(まめ)って言う語呂合わせだから
へぇ~! これは “満へぇ~”(古っ!) モノのネタですよ。
いつも思うんですが、居残りさんのブログ、雑学フェチには堪りませんね。
今晩、子供に教えようっと。(笑)
Commented by トップスコーラ at 2009-02-03 10:57 x
節分と言えば「節分天井、彼岸底」が思い浮かびます(笑
相場格言ですが、株式相場には殆ど優位性はありません
穀物相場において春高秋安(ハーベストプレッシャー)と言う意味なら
多少納得できますが・・・

今年もたぶんハズレですね(爆
Commented by inokorisan at 2009-02-03 12:26
>Blitzさん
そこか~魔滅の方か~私的には結界が崩れる。と
言う方が聞いたことないでしょ?って思っていました。
役にたたない知恵しか無いですけどね。(爆)
Commented by inokorisan at 2009-02-03 12:34
>トップスコーラさん
言いますね~過去を紐解けば、年明け1月までわさ
わさ上がって、1月が終わると、下がっていく感じで
したね。
まぁ今年はどんだけ恐怖心が払拭されるか・・恐怖
指数が相場を左右しますね。決算、破産相場は
まだまだ続きますね。
Commented by 座敷童 at 2009-02-03 15:51 x
この話は爺のほうで言う『庚申講』に似ていますね。
自分の内面から出てくる悪い鬼(虫)を出さないために一晩中飲み食いして寝ない。
豆まきは出てきた鬼を追い払う。
庚申は年に12回?。まあ楽しみですかね。
Commented by inokorisan at 2009-02-03 22:13
>座敷童さん
すごい行事ですね。庚申は帝釈天の縁日ですよ。
映画、男はつらいよでお店が出ると、今月の庚申は
何日なんて書いてありますよね。

あと座敷童さんは安曇野ですが、何話か忘れてしま
いましたが、博のオヤジが安曇野を旅していた時に
りんどうの花が見える庭から、奥に家族の食事シー
ンを寅次郎に話すのですが、そこに真の人間の幸せ
があるだよ。ってね。学者の博のオヤジが、研究の
旅で、安曇野回った。映像も無く、その話だけで、
安曇野の田園風景が目に浮かびました。
そのぐらい名シーンですね。
Commented by 座敷童 at 2009-02-04 16:01 x
爺の家の庚申講の掛け軸には『都婆岐大神』と有ります。
寅さんは佐久や小諸が有名です。記念館も有ります。
安曇野はアルプスの雄大さがより感じられる場所だと思います。
爺も妻もこの景色が大好きです。離れられません。
若い頃は田舎だとか・・・。

今思えばあの時と・・・。
これからでも遅くないと。親父やお袋がやっていたことを今年から少しづつですがやってみようと思っていますす。
Commented by inokorisan at 2009-02-04 19:04
>座敷童さん
つばきオオカミって読むのですかね??

佐久は鯉、小諸はそば・・そんな事しか出てきません
(笑)

寅さんの一番すごいな~って思うシーンが博の親父
さん志村喬が、人間の幸せって言うのは・・を諭した
シーンが好きなんですよ。安曇野って私も行った事
ないし、でもなんだか北アルプスの雪解け水がこん
こんと沸き流れ、春には菜の花に囲まれてる感じが
します。そんな所を志村喬扮する学者が、研究旅行
をしてる感じが目に浮かぶので、あのシーンはすご
いな~っていつも思っています。

自分の生まれ育った土地はやっぱいいものですよ。
私もなんだかんだ言って府中大好きですからね。

今思えば・・どんな事でしょうか?
私も思えばあのときに、冷淡に処理すれば・・って
思うこともありますよ。人に裏切られたので、人には
優しくするなよ・・って後悔したことあります。

私も両親の信念をフシュウ(踏襲)しています(爆)

<< 女性弁護士 今日の授業 >>