植物繁殖学 セカンドシーズン   

今日の授業から前期園芸学でもあった連携プレー 先生が替わります。
残り2回がいつもお世話になってる教授の授業です。この教授の授業は雑談が入り
ますので、面白いですよ。つくづくこの教授は頭の回転が速いな~って思います。
明後日の方向の雑談が・・実は本論に戻ってくるところがすごいです
荻原教授<--居残りがお世話になってる先生です。

昨年、先生が「人が学ぶ植物の知恵」って言う本を出しました。これ読むと人間より
遙かに植物は進化してるな~って思います。

野菜の繁殖を中心に講義をやるみたいですが、今日はせっせと種子繁殖の復習から
F1品種の作り方やらS対立遺伝子、自家不和合性などなど・・ダッシュで進めまして・・
昨日の「のらぼう」ではありませんが、固定種はこの辺が作用しています。

今日、昼間、打ち合わせが終わったら、少し時間が出来まして、去年撒いた「デライト」
の実生を、スプーンで掬いながら一鉢づつ植え替えをしました。

一本一本見ていたのですが、年内に発芽しますが、種皮をつけて上がってきます。
いつの間にか種皮を脱ぎ捨てるのですが・・
今日の授業の中でもありました。って言うか居残りのふむふむポイントなんですけど
授業の中では、花粉管が伸びて来て、胚のうに到達、花粉管が到達すると破裂する
ですって・・(理由は分からないだそうです)花粉管の中を通ってきて、精細胞が
胚のうに突入するですが、まぁそれで種が出来るですが、珠皮が種皮になるですって。

で先生が言っていました。種は次世代だと思っちゃいけないよ。珠皮が種皮になってる
訳ですから、親の組織ですから、種は2代で成り立ってる訳。
私は種は次世代だと思っていました。でその種皮が種が発芽すると脱ぎ捨てるでしょ。
お~ここで初めて母親からの手を離れるんだ~ってちょっと感動。おもしろいね。

今日の園芸作業が、夕方には座学にタイミング良くなりました。やっぱ面白いな・・
これが学校に通う前なら、ただ種をまいて、いい木にならないかね?って思う
だけですから、学問的には考え無かったです。
[PR]

by inokorisan | 2009-01-26 20:40 | 大学のお勉強 | Comments(2)

Commented by 座敷童 at 2009-01-27 15:42 x
爺の親父、当地で最初に採種を始めました。玉葱のF1が最初でした。トマトやナス、胡瓜は雌の木のおしべをピンセットで蕾のうちに取り除いて花が咲いたら雄の木から花粉取ってきて指で受粉させてました。爺も手伝っていました。
難しい仕組みなんかは某サカ●や、●キイが分かっていたんでしょうね。
玉葱や人参はミツバチで受粉させたり、軍手はめて花を優しく触りました。今秋から玉葱のF1の種苗始めます。親父が始めたんだからやらなきゃと!。
多分今春(遅くても今秋)から収穫出来る椎茸のホダ木。送ってみますね。少しですが。
Commented by inokorisan at 2009-01-27 20:14
>座敷童さん
F1の作り方、授業で理論は習いましたが、さてさて
作業は想像つきますが、地味な永遠な作業がある
だろうとは思います。(笑)
今年から座敷たまねぎを植え始めるということです
か?それとも座敷玉葱を再度追い求めると言う事
でしょうか?
国分寺に来たときは絶対寄っていってくださいね。

<< 戻し交配とは・・ のらぼう >>