シエラの接ぎ木植え替え   

去年の春にシエラを接いでみました。
一年生の台木に、そのまま挿し木したときの穂木に接いでみたのですが、どうも1年生
台木は大きくなりませんね。まぁいいや~今年デカクなってくれるでしょう。
d0022845_2125930.jpg
同じ鉢に埋め戻ししておきました。
d0022845_21261886.jpg
もっとカルスが載ってもらいものです。

植え替えしてるときに、用土見ていたら、この苗はカインズで購入したホワイトピート
(エストニア産)でした。それにパーライトのみ・・

良い感じに白く根を回していました。ホワイトピートモス使えそうです。用土の腐りもなく
かつ、ほどよき団粒(団粒の表現がよいは思いませんが、ピート片な感じ)過湿傾向は
見受けられますが、ビーナスライトを増やせば、解決しそうな感じです。
一様に根が軽めに伸びていく姿良いです。今回、シエラ・ダローと10鉢上げたのですが
全部同じような感じで、これはいいな~って感じ入りました。

カインズ扱いのホワイトピート 量が少ないのが玉に瑕です。
[PR]

by inokorisan | 2009-01-11 21:29 | ブルーベリー | Comments(2)

Commented by 座敷童 at 2009-01-12 03:18 x

緑産の用土はカナダ産ピートにパーライトのみでした。鹿沼は入れるなとも言われました。

Commented by inokorisan at 2009-01-12 11:50
>座敷童さん
鹿沼土はどうなんでしょうね。吸水して今の時期ですと
凍りついての繰り返しですから、崩壊しちゃって、逆に
根詰まりの原因になりますので、もう入れていません
ね。今はピートモスとパーライトだけです。パーライトも
原料が、真珠岩と黒曜石がありますので、真珠岩です
ともろいです。

昔は左官はパーライトとセメントを混ぜて、軽量骨材
で補修などに使っていましたが、今は調合済みで売
ってるそうです。もうパーライトだけを使うのは農業
だけじゃないかな?

<< 梅の消毒 大河ドラマ 天地人 >>