毛虫   

うちの庭には椿科の植木が多いです。先代が茶花が好きだったせいもあります。

この時期になると、チャドクガ第二段がやってまります。このチャドクガに刺されると、
子供の頃からえらい目にあっていますので、お茶の木には近づかないことにしています。
お茶の木は学名Camellia sinensisでカメリア・シネンシス カメリアはツバキ属
シネンシスは中国

ツバキ科ですから、チャドクガはお茶の木でもツバキでもサザンカでもつきます。サザンカの
綴りはsasanquaです。(相棒5 サザンカの咲く頃より右京さんがパスワードで打ち込んで
いました)

このチャドクガは薬撒いたぐらいじゃどうしょうもないです。虫自体は死にますが、毒針毛が
問題で、それがくっつくとまたかゆくなります。
d0022845_1952613.jpg
こう密集するのが捕獲にはいい面もあります。茶の木と椿にいました。
よーくみると、体色が椿と茶では違いました。椿の方が緑っぽいです。こいつらすごい食欲
なんですよ。集団で並んで食べます。静かにしてると、ムシャムシャ食ってる音が聞こえる
ほどです。

いい退治は毛を焼いちゃえばいいわけです。農薬で殺しても毛が残っていれば同じな訳で
テデトール ヤキコロース これが一番です。

d0022845_19545018.jpg
THE ENDです。
[PR]

by inokorisan | 2008-08-21 19:56 | 閑話 | Comments(8)

Commented by kaizu_3 at 2008-08-21 20:46
いやっ、これは行けません。数がぞろぞろ〜っていうのは苦手です。
まだ、大きいヤツ1匹のほうが、立ち向かえます(笑)
Commented by inokorisan at 2008-08-21 21:38
>かいづさん
毛虫は苦手??こいつも大きくなりますよ。(笑)
大きくて集団です。かいづさんはチャドクガに刺された
ことないですか?私はこいつのトラウマです。
Commented by ぴん at 2008-08-21 22:24 x
まとめて捕殺、確かにこれは確実ですね。
まぁ焼き殺すのが手っ取り早いですが、薬剤使っても毒針毛に刺される事があるとは・・気を付けます。
海釣りでゴンズイには数回刺されましたが・・・。
Commented by inokorisan at 2008-08-21 22:53
>ぴんさん
焼き殺す理由は、毛を焼く事。毛が問題。
ためしに一回刺されるといいですよ。(うそよ)
驚くほど蕁麻疹でますよ。(爆)
ゴンズイはヒゲはえてるやつでしたよね。あれも死ん
でもトゲに毒あるじゃないですか・・チャドクガも同じ
ですね。
Commented by トップスコーラ at 2008-08-22 08:44 x
ムムッ!もう出てきていますか
家にはサザンカが3本あるんですが去年の秋には丸坊主にされました
ウチに来てもらっている庭師さん曰く
チャドクガの毒毛は風にも飛ばされるそうで近くを通るだけでも
刺されることがあるそうです
嫌だねえ・・・

外電を見ると
今日のオイルはストップ高張り付き決定だな
プラチナが200円高、金が30円高辺りのスタートか!?
Commented by inokorisan at 2008-08-22 13:20
>トップスコーラさん
出てきていますよ。ホントよく食べますよね。丸裸に
されるのですが、枯れちゃう程食べられる木があり
ます。
そうなんですよ。チャンドクガは近づかない方がいい
ですよ。庭師もうっかり触ってしまうことも多々あり
ます。

今夜は相当荒れますね。楽しみしておきます。
Commented by けろけろ at 2008-08-23 00:18 x
こんばんは。
チャドクガってイラガの強力版って感じですかね?
イラガは今日、ノビリスに張り付いていたので、
葉っぱを取って、踏み潰して駆除しましたが、
チャドグガってなんかイラガよりも毛が強力そうですね(^^)
イラガはピカコーかなんかで駆除したら大丈夫なんでしょうか...
やっぱり焼き焼きしてほうがいいんでしょうか。
勇気がないので触ったことがありません(^^)
でも、収穫の時に一度は誤って触りそうな悪寒がします(^^)
Commented by inokorisan at 2008-08-23 00:26
>けろけろさん
イガラは痛いですが、チャドクガは1週間ほど痒い
って感じです。あの毒針が問題です。チャドクガは
ブルーベリーにつきませんので、ブルーベリーでは
イガラが問題 チャドクガはピカコーで死にました。
イガラでもいけるじゃないかな・・って思っていますが
試していません。踏み潰せばいいじゃないかな?
チャドクガは毛が飛ぶので、焼き焼きしています。

<< 2連戦 植え替え作業 >>