2ヶ月経ったので・・   

前回、IB化成を投入したのがちょうど2ヶ月前 IB化成は70~80日の肥効期間と
聞いていますが、今日が61日目で次の投入をしました。

2ヶ月前(1年苗)投入が3/15日

こんな感じでした。

今日現在
d0022845_2214588.jpg

IBS1化成
d0022845_22142930.jpg

マグァンプK小粒
d0022845_22151326.jpg

プロミック

IB化成は10粒 マグァンプK小粒12.5g プロミックは3粒
幼苗のチッソ量から逆算したのですが・・
マグァンプK小粒は顆粒なので、はかりで計りました。
d0022845_2217149.jpg

結構、大量投入です。おおお~こんなに入れていいのかよ?
俺間違えてない?って思っています。

前回2ヶ月前の投入も同量です。全般的に葉は大きいです。チッソ過多なんでしょう。
ただヌイ自身も大きな葉なので、一概に言えません。
クロロシスなどの障害も見ていません。オーバーランな傾向もありますが、成長もよろし
いです。

まだ次のタームを超えてみないとわかりませんが、見た目ではIBがかなり微妙ですが
優位な感じがしています。
[PR]

by inokorisan | 2008-05-15 22:22 | ブルーベリー | Comments(4)

Commented by BlueBerryNote at 2008-05-16 06:53
工事用黒板、いかにも居残りさんらしくて妙に壷に嵌りました(笑
でも確かに分かりやすくて便利ですね。
化成肥料類は私の手で軽く一握りが大体20gでした。
リアルのサイズが分からないからかもしれませんが私も確かにちょっと多そうな感じがします。
石川駿二先生との会話も出来て良かったですね。
授業料の元は十分取れそうですね♪
Commented by inokorisan at 2008-05-16 10:25
>berrynoteさん

>授業料の元は十分取れそうですね♪
残念ながら、berrynoteさんが思っているような。
そんな狭い了見は私には持ち合わせていません。
Commented by けろけろ at 2008-05-17 02:09 x
こんばんは。
マグァンプKは、用土をアルカリ性に傾けるということで、
使用をためらっていましたが、大丈夫そうですね。
今度から元肥として使おうかなぁ...
最近、思うのですが、必ずしも用土はPHを維持して
いなくてもなんか育つような気がしています。
なんで、ココヤシ製品を多用するようになってきました。
肥料は相変わらず花ごころの専用肥料ですが...
やっぱり、寒肥やった鉢や地植え株は生長が違いますね。
しかし、花ごころの専用肥料も雨が多いと早く溶けちゃって
枝とか粉ふきます(^^)
やっぱり、完全有機で発酵の油粕がいいんでしょうかね...
Commented by inokorisan at 2008-05-17 02:21
>けろけろさん こんばんは
マグァンプKは今回テストで使っていますが、お高い
ので、最近は使っていませんね。
そうですね。私は酸性やらアルカリ性なんて考えて
いませんね。重要なのは気相の確保。
苗の時は化学肥料でOKだと思っています。地植
してから、有機でいいと思います。

<< やられた 今日は散歩日和 >>