ヘリグロテントウノミハムシ   

日本庭造りにはルールがあります。それも駄洒落のような話ですが・・よく庭師が
子供の頃、話してくれました。

うちの場合ですと、千両・万両がやたらに植えてあります。たぶんやたらになって
しまったのはのは、実生で増えてしまったみたいです。薮柑子ですから、
落語の寿限無にも出てくる。「やぶらこうじのぶらこうじ・・」のことでしょう。たぶんお
目出度いでしょうね。それにお金たまりそう名前ですもんね。

次にナンテン・・これもまた実生で増えてしまいました。
南天---->難天 災い転じて福となす
難が転ずるなんていう駄洒落です。

で私のお気に入りのヒイラギ

あのトゲトゲを嫌い鬼が来ない。なんて節分とかの時期に飾りますよね。
ヒイラギの枝に鰯のあたまつけたやつ。あの鰯の匂いが鬼が嫌がるそうです。

emoticon-0130-devil.gif

私のお客さんの話ですと・・鰯のくさい匂いが鬼が好きで、ノコノコやってきた
ところをあのヒイラギのトゲトゲで挿しちゃう。って言う説を言っていました。
確かにその通りかもしれないな・・なんて最近思っています。じゃないと鬼が
鰯の匂い嫌いでしたら、鰯の頭だけでいい訳で、ヒイラギいらないですからね。
それとも鰯臭さとヒイラギの2重の構えでしょうか・・

ちなみに暦の話ですが節分ってなんで鬼なんでしょう・・ちょっと暦屋なので
書いてみます。
これって陰陽なんです。季節が冬から春に変わる立春の前日が節分なのです
が陰陽で言う結界が一瞬崩れてしまうのです。そこに付け込んで、鬼が侵入して
くるので追儺・・鬼退治な訳です。鬼はすなわち「儺」な訳です。

厳密に言えば間違えていますが・・節分は旧暦の大晦日にあたります。年越し
行事な訳で、豆まきで豆を一個多く食べるところから年越し行事の意味合いも
あるのです。新しい年(季節)は難の無いことを祈る儀式なんだと私は思って
います。まぁ迷信ですが・・

うちの場合でしたら、丑寅の方位・・北東(裏鬼門)に柊が植えてあります。
ちなみに南西(表鬼門)には先に出たナンテンです。鬼門除けですね。
家作りに携わっていると、異常に方位気にするお客さんいます。家なんていつまでも
アナログなものです。

またヒイラギは老木になると、あの鋸歯(トゲトゲ)が無くなって、丸くなります。
人間だんだん丸くなる。そんな意味もあるそうです。庭師談

そんなヒイラギですが・・最近調子すごく悪いです。emoticon-0106-crying.gif

うむ、庭のヒイラギが「ヘリグロテントウノミハムシ」による新葉の食害がひどくて、ご近所
さんが起きる前に早起きして消毒しました。散布後お風呂に入って、朝風呂気持ちいい
ですね。

最初は枝に綿状のものがついてるな~って思って、よーくみてると、綿の中には幼虫
やら成虫やらがいました。
ネットで調べたところ、綿虫という、名前そのまんまな虫でした。

どうもこいつが食害の原因ではない!ただ気味悪いだけみたいです。

またまた柊の害虫を見つけました。2星テントウムシみたいな奴。

「ヘリグロテントウノミハムシ」原因はこいつでした。新葉の中に卵を産んで、葉を食害
その後、土にもぐって、成虫になるそうです。成虫も確認しました。捕まえてみようと
思っても、サクっと飛んでいってしまいます。

テントウムシの小さいバージョンみたいな奴です。でよーく調べると、適当な薬剤が
ない・・葉の中にいるから薬剤効かない、成虫は硬い殻で覆われてるからまたまた
薬剤が効かないそうです。

やらないよりマシだろうって、アクテリック散布しましたが、気休めみたいです。現に
成虫に当てても死にませんでした。

対策は、剪定と冬季にコモをまいて、コモで越冬したところで焼却処分みたいです。
卵を産ませないようにするのが一番みたいです。

取り合えず、来月あたりに剪定します。やっぱ庭はちゃんと手入れしてあげないと
ダメですね。今年はがんばって庭を作っていきたいです。
[PR]

by inokorisan | 2008-05-07 06:17 | 閑話 | Comments(7)

Commented by はむ at 2008-05-07 20:35 x
ヒイラギとナンテンが縁起いいのならばヒイラギナンテンは1種類で2つぶんの縁起をかついでる……ことにはならないですか(笑)
Commented by inokorisan at 2008-05-07 20:42
>はむさん
たぶん、柊南天でダブルボーナス獲得です。(笑)
Commented by lanevo70107 at 2008-05-07 23:14
こんばんは、けろけろです。

日本の庭は、奥が深いですねぇ...
私は、ただ実を結ぶものがよいと思って、ひたすら果樹を植えていますが(^^)
Commented by inokorisan at 2008-05-07 23:47
>けろけろさん
果樹の庭もいいですよね。たださぁて・・設計する人から
見ると、どうなのかな?って言うものあります。一応
私も設計者ですから、美って言うポイントも加味し
たいところです。たとえば借景(しゃっけい)室内から
窓の外を見たときに、外の景色が絵のように魅せる
技術もあります。額縁効果ともいいます。
そこに庭やら景色を納めるのに、設計者の意図・表
現があります。また作庭にはいろいろな意図が含ま
れきます。ブログの記事なようなこともあれば、石の
配置など、大自然、若いては宇宙観、宗教観なども
含まれてきます。たとえば石やらで川とか滝をイメー
ジしたり、須弥山・蓬莱山などを配置したり設計者
のデザイン云々もあります。
ただ、好き好みもありますから、こうしなきゃいけない
なんていうことはありません。数寄屋(好き家)とは
ものの好き、こだわりであると私は思っています。
Commented by inokorisan at 2008-05-07 23:54
>けろけろさん パート2
そんな好き家ですから、果樹庭園もイングリッシュガー
デン、ブルーベリーガーデンだっていい訳です。
住んでる人やら訪問者が楽しめればいいです。
私の場合、自宅は亡くなった父の設計なので、設計
意図を壊したくないだけで、狭い庭ですが、そこに
自然、茶の世界が表現されているので、これをブ
ルーベリーガーデンに変えちゃうのは悪いからな~
というだけです。
でも椅子に座って、ゆっくり庭見てると、なるほどな
って分かって、楽しいものです。ただ近年、手入れ
してないので、荒れ放題になってるので、ちゃんと
整備しないと・・って思っています。
Commented by けろけろ at 2008-05-09 22:02 x
こんばんは。
「数寄屋」 ネットで調べました。
「好みに任せて作った家」という意味なんですね。
うちは、ただ防草シートを張って、鉢をごちゃごちゃ
置いているだけの庭なので、
居残りさんがおっしゃる美には程遠いものがあります。
まあ、ごちゃごちゃ並んでいる鉢を見るとにんまりする
ので、それはそれでいいのかな(^^)
Commented by inokorisan at 2008-05-09 23:05
>けろけろさん
そうなんです。数奇屋って好き者の家って私は解釈
しています。父は数を寄せると解釈して、納まりの
美学を大切にしていました。
ただの寄せ集めではダメで美しいって感じないと
いけないところが難しいです。
私も屋上、ごちゃごちゃなんですが・・ちゃんと整列
させると、美しいものです。ためしにやってみると
けろけろさんの庭も愛おしいものになると思いますよ。

<< 夏日到来 楊枝接木の行方 >>