夏日だ わっしょい   

2日間 家を空けたので、丁寧に水やりしました。おいおい水切れてる鉢あるし・・
お昼ご飯も屋上でお弁当を食べました。暑ちぃじゃん~ 夏だな~

夏日だわっしょい つぎ木(*1 )失敗しちゃうのこの時期が多い感じがしています。
去年は簡易ビニールの中に入れていたので、一発でダメにしちゃったものが
あります。ここまでくれば木漏れ日の場所がいいみたいです。

恒例のエチョータシリーズ

これは前回

d0022845_18432981.jpg

これは今日・・なんだか散々な感じになってきました。鳥が食っちゃう
のでしょうね。雨にもやられています。

庭にも水やりしていました。通路にお茶の木が植えてあるのですが、いい感じで
新芽伸びています。つみ取ってお茶に出来ます。前にやったけど、ちゃんとお茶
でした。
d0022845_1844420.jpg


GWにやる気でたら、茶摘みでもやろうかしら?
この写真 右側の汚い鉢外せば、なんか雰囲気いい写真になったのに・・惜しいわ

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―
夕方、仕事が終わってから、学校の図書館に行ってきました。図書カードが
出来たので、潜伏しに行ってきました。平日9時までやってると言うところが
立派です。それに結構勉強している学生多いのにもびっくりです。

古い本ですけど・・
ブルーベリーの栽培(岩垣駿夫・石川駿二)
接ぎ木のすべて(町田英夫)をかり出してきました。さくっと読んで返しちゃいます。

*1
「接ぎ木のすべて」読んでいます。
ちょっと用語の事が書いてあります。一部抜粋

続木・継木・接樹・嫁接・接換
接ぎ穂を客木
台木を接台・樹砧とも呼称したそうです。
で園芸学会で用語を統一して、「つぎ木・つぎ穂・台木」などもちいる事にしたそうです。
と言うことでカッコイイかな?って思って「つぎ木」ってひらがなに変えてみました(笑)

そんなの関係ねぇ~になってる気がしますが・・なにぶん古い本ですからね。いつの間にか
霧散しちゃった臭いですね。(笑)
[PR]

by inokorisan | 2008-04-22 18:46 | ブルーベリー | Comments(8)

Commented by kaizu_3 at 2008-04-22 21:08
手作りお茶ですか。手揉みの1番茶は美味しいでしょう!
田舎ではどの家でもやってましたが、府中でお茶とは、思いもしませんでした。
Commented by inokorisan at 2008-04-22 21:54
>かいづさん
旨いもなにも、この量でしたら、一煎取れるかって言う
所です。(笑)
つみ取って、蒸して、乾燥後、臼で粉茶にした方が
量が取れます。
うちは茶室ありますので、庭師が植えたのでしょう
ね。一昨年、思い切り切り戻し剪定したので、だいぶ
復活してきました。茶毒ガが付くので、ツバキ科は
おっかないです。
Commented by ぴん at 2008-04-22 22:55 x
居残りさん、こんばんは。
学問を基礎から学ぶその姿に感心します。
勉強させられてるって思うとやる気失せますが、学びたい!の一心では必ずや肥やしになります。マトモなコメントで済みません。
読む本も選り取り緑ですね^_^;
Commented by inokorisan at 2008-04-22 23:11
>ぴんさん
いやいや感心してないでください。基礎が無いので
必死です。どっかのブログみたいに著作権を言い
だせるほど(爆)知識無いので、困りものです。

「ブルーベリーの栽培」いい本ですよ。なんか初期の
ブルーベリー栽培に苦労した様子がわかります。
特に品種同定には細心の注意を払ってる様子が
わかります。新しい品種同定基準とか言ってるのが
意味ワカラナイです。
Commented by temujin at 2008-04-23 01:10 x
「ブルーベリーの栽培」、諸先輩方の苦労が出てますね~
なにやら、温故知新です・・。
Commented by inokorisan at 2008-04-23 01:23
>temjinさん
「ブルーベリーの栽培」古い本ですが、なにも今と変わ
らないですね。基本の書なのでしょうね。すばらしい
内容です。蔵書で欲しいけど、返却しないといけない
のでPDF化してコピーしておきます。
Commented by 雪坊主 at 2008-04-24 20:30 x
お茶の木もいいですね。
昔、田舎ではっぱをあぶって、飲んだ記憶があります。
ツツジ科スノキ属以外にもチャレンジしたくなりました。
Commented by inokorisan at 2008-04-24 22:10
>雪坊主さん こんばんは
はじめまして お茶の木 新緑がキレイでいいですよ。
昔々の人が、この葉っぱ飲んでみよう・・って思いつく
のも分かるほど、柔らかそう、でキラキラしています。
ツツジ科スノキ属以外にも楽しそうですよ。

<< デライト・ブルーベル しつもん君 >>