ゆず湯に入りました。   

今夜は「ん」のつくものを食べるといいので・・ナンキンを食べました。かぼちゃです。

そういえば、料理屋やってると、いろいろな記号やら隠語があります。

「なんきん」はかぼちゃ 南京って書きますもんね。
「まるじゅう」はさつまいも これは最初なんのこと?って思いました。円に十で薩摩島津藩
の円に十字でまるじゅう
d0022845_23473597.jpg

まるじゅう

もっと訳わからない記号は
d0022845_23482265.jpg

この山にサが注文票に書いてあるときは何?って思いました。
ヤマサ醤油です。濃い口の醤油の事を意味します。ちなみに「上」は付きません。

では薄口はヒガシマルです。

だからヤマサと言えば、濃い口 ヒガシマルと言えば薄口になります。商品名が
代名詞になっています。

面白い表現方法ですよね。白衣に下駄履いて、長い包丁引いてるのをみてると
和食ってカッコイイな思います。

今日は自宅で取れたゆずをお風呂に入れて、のんびりお風呂を頂きました。
さて、遊びに行ってきます。
[PR]

by inokorisan | 2007-12-22 23:52 | 閑話 | Comments(4)

Commented by kaizu_3 at 2007-12-23 10:23
私もユズ湯に入りました。
テニスでころんで、擦りむいて、ヒリヒリしましたよ。
醤油は分かりますが、さつまいもがまるじゅうですか。想像もつきません。
Commented by inokorisan at 2007-12-23 17:24
>かいづさん
あら テニスもすさまじいスポーツですね。(笑)
ほかにもいろいろな別の呼び方もあります。
たとえば、がんもどき これは別名 飛竜頭
(ひりゅうず)と呼びます。料理の世界は奥深い
ですよ。(笑)
Commented by ぴん at 2007-12-23 17:49 x
こんばんは。
もっと言えば・・・関西(大和地方だけかな?)ではがんもどきは
ヒロウスと言います。漢字は居残りさんおっしゃる通り!
こんなのを研究されている方居られるんでしょうねぇ。

Commented by inokorisan at 2007-12-23 18:58
>ぴんさん
そうですね。ひろうすですね。関西方面では・・
関東でおでんにがんもんどきをひりゅうずください。
って言っても、はい?って聞きなおされます。
関東では一般に通用しない言葉ですね。

<< サンタがやってきたよ 万年筆 >>