エストニアのピートモス   

今日はなにげに忙しくて、やっととこ荷物下ろしました。

私の資材置き場は2段式駐車場の2階がピート置き場です。
庭に積んでおくと、家族がゴラァ うちはブルーベリー屋敷じゃないよ~って
うるさい訳で・・(悲)

d0022845_23284310.jpg

隠し場所には最高です。

一つだけ開けてみました。
d0022845_23295119.jpg

左がエストニア 右がサハリン

感じは・・・
エストニア産(左)は細かくて小枝などの不純物が少ないです。ニチアスのサハリン産
は小枝の不純物が多いです。水持ち、保肥性はサハリンが悪いと言われていますが、
居残り流ブルーベリー栽培ではこの方がいい感じがしています。

ぱっと見 予見ですが・・エストニア産は腐るの早そうな感じがします。たぶんカナダ
と似てるような感じです。混ぜ物を増やして、排水性を高める必要がありそうな感あり

やっぱ今の所サハリンかな。値段安いしね。それが第一の理由です。ピートなんて
どこのでも同じよ~と思っていますので、安い方がいいです。ブルーベリーの栽培
で一番ウェート掛かるのはピートだと思います。先日、ある人と話をしたときに、
6キュービックの半分を1苗に使ってる方がいると聞きました。もちろん地植えな
訳ですが・・2苗で一個な訳で、数百植えたら、エライ話になっちゃう訳で、考え
ものです。
サハリンが6cu/ft=170.4㍑復元340㍑ そうなるとエストニアは復元200㍑で
3.5cu/ftですからかなり少ないですね。

さてさてエストニア産

今年の秋に植え付けて、来年1年掛けてどんな感じがみてみたいと思っています。
[PR]

by inokorisan | 2007-10-02 23:35 | ブルーベリー | Comments(4)

Commented by セティ1世 at 2007-10-03 00:36 x
空間の有効利用ですね。うちのいっぱいの物置も二段にできればなぁ。(笑)レポート、どうもです。m(_ _1)m
Commented by inokorisan at 2007-10-03 04:17
>セティ1世さん
空間利用と言うか、人目を避けて・・なんて感じです。
レポートちゃんとすればいいのですが、なんだか忙しくて・・pHなんかも
既出だからいいでしょ?
ちょっと細かいのが気になります。以前、使っていたカナダのbishop
より細かくて不純物少ないです。
使ってみないとわかりませんが、ピートモスの扱いづらいところは、
分解して汚泥化するとところなので、分解の遅い(北海道)と分解の
早い(カナダ)のどっち寄りなのかがわからない所です。
Commented by あすかルビー at 2007-10-03 18:37 x
比較コメント、ありがとうございます~。どちらも現物見ていないので、とても参考になります。どこかで、「サハリンは扱いにくい」というご意見も見ましたが、うちにいただいた居残りさんの苗たちも特に水管理がどうということはなく、毎日しっかり鉢も軽くなるし、生長もばっちりだし、十分!!と私も思います。
 やっぱりコストパフォーマンスが一番!と思う、関西人でした(笑)

 ベンツ、Aだったのですね~。最初そうかな?と思ったのですが、その割にはとてもでっかく見えました。友人の車に乗せてもらったことありますが、コンパクトな割に車高高くて運転しやすそうでした。。
 2階のスペース利用、グッドアイデアですね!
 
Commented by inokorisan at 2007-10-03 21:04
>あすかルビーさん
サハリン意外にイイと思います。さっくり水抜けて、根も良く伸びます。
コストパフォーマンスはいいですね~カナダと千円は違いますからね。
私は関西人よりお金は厳しいじゃないかな??
ベンツはAです。妹も気に入って彼氏とのデートに乗っていますよ。
新しいの買うから売却しちゃえよ。と言ってるのですが、いいよ~
なんて言われています。価値あるうちに売っちゃうのがいいのにね。
まぁいいや~なんて思っています。

<< 接ぎ木挿しヌイ ピートモスの仕入れ >>