アンティーク   

さっきネットサーフィン(この言葉自体アンティーク)をしていたら、子供の頃に
父から頂いた時計が出てきた。すでにアンティークの部類に入るそうです。

おしゃれだった父親

中学の時か高校の時にオヤジからもらったローレックスのGMTマスター
父がサラリーマン時代に買ったお古なんだけど、子供の頃は派手でイヤでね。
全然使っていなかったのですが、30過ぎてから使い始めました。
価格みたらもったいなくて明日からしません。代わりのローレックスをつけます。
意外にセコイぞ居残り。

勝負の時 商談とか・・オヤジが生前つけていたエルメスの黄色いネクタイをしめて
います。なんか側に居てくれる気がしたり、しなかったり・・勝手な縁起担ぎです。
絵柄はライオンがガァオーって輪っか飛んでるです。よく見ると笑えるですが・・

父はZILLI(フランス)の洋服を好んで着ていました。未だにフランスからクリスマス
カードがやってきます。ところが私とは体格違うので、スーツは着れません。
ただコートは着られるので着ています。その中で未だに着れない上着があります。
オーストリッチの革ジャン 上着に人間負けしています。父はどちらかと言うと
ヤクザちっくな男でしたので、派手目を好みました。私が着ると背伸びしすぎた
チンピラ。いつかこれ着てみたいです。

車好きでサラリーマン時代から外車乗り回していました。覚えてるだけでBMW2台
ポルシェ2台、メルセデス12台、フェラリー1台、ダイムラーリムジン1台 
たぶん思い出すとまだまだあるはず。
死んでしまった当日にSL55がドイツから川崎に着いてしまいました。日本初入荷便
なのですが・・ヤナセの担当が居残りさんお父さんの車が川崎に着きましたので
2週間もほどで納車出来ますよ。と電話あったのは皮肉でした。乗せてあげたかった~
乗ってもらいたかったので、棺にSL55のカタログ入れてあげました。
今思うとなんで最後の車が2シーターオープン?女?そこの所いつか聞いてみたい
です。(笑)

いつも寝床で寝転がって、見積や図面描いていました。その横には車の雑誌。
高校の時に私はオートバイに夢中で、オートバイ雑誌を読みあさっていました。
オヤジ:買えないだから雑誌読んでも無駄無駄
居残り:オヤジも車の雑誌読んでるじゃん
オヤジ:俺は買える。
完敗です。いつも実力差を見せつけるオヤジでした。喧嘩もめっぽう強く私と
とっくみあい何回もしました。とっくみあいと言っても殺し合いです。一度、うちの
従業員が止めに入ってきてことありました。社長やり過ぎると死んじゃうよ。いつも
半殺しにされていました。(爆)

ものすごくオートバイの免許取るのは反対されました。でも1年掛かりで説得して
アルバイトして自動二輪の免許取りました。子供の頃から父から天体望遠鏡しか
買ってもらった事なかったのですが、オートバイ買ってもらいました。あれだけ反対
されたので、免許だけって思っていたのですが、翌日買ってくれました。許可した
だから逆に支援してくれただな。それから何にも買ってくれないですけどね。

でも今思うと、あのオヤジはすごいな~って思います。力強いです。考え方も
広大すぎて、私なんか真似できない。そういうのをたぶん器って言うじゃないかな。
天文台で夜空見上げながら育ったからでしょう。よく宇宙規模の話されました。
今風に言うとどーんだけです。

家庭内の会話はものすごく多い家でした。それは今でも受け継がれています。
居間では女4人に囲まれて居残りが一人攻められいます。(涙)
私も毎日高校出て家出るまで、オヤジの足をマッサージしながら説教受けました。
私はその時は説教って感じたけど、あれは今になって思うと教育だな。
会社の事、経済の事、学業の事、巨人軍の事。

オヤジに成り代わって家を仕切ってるけど、祖父は父が18歳の時に亡くして
18歳の時から家を取り仕切っていました。片親になり、官舎から追い出され
貧乏になった家。ここでも勝てません。よくやってきたなぁ~って感心 感謝

亡くなる3日前に居間で話した内容今でも覚えています。その時はまさか
3日後に突然死するとは思って居ませんでしたが・・

仕事は恋愛と一緒 忙しくても30分時間が合ったら好きな女の所に会いに行け
そうしないと好きな子も落とせない。だから仕事もマメにお客の所に行け。
マメな人間には適わないよ。
私らが持ってるカード(お客)は限られてる。いきなり増えるものでは無い。
何回切ることができるか(リピートオーダー)だから顧客は大切にしなさい。

今思うとあれが遺言だったのかな~
そんな父からアドバイスや説教をしてもらいた居残りはちょっと秋の夜長に
センチです。ここまでくるとおいらはファザコンだな~(爆)
[PR]

by inokorisan | 2007-09-04 03:13 | 閑話 | Comments(6)

Commented by ぴん at 2007-09-04 19:21 x
こんばんは。
前半の文章では「今風に言えば、こりゃぁ、かなりのセレブやな~」と思っています。
急逝されたとの事で、当時は大変だったと思います。我が息子に色々仕込むことを思っておられた半ばで、残念だったでしょうね。
でも、バイクの下り・・・
居残りさんを信用しているからだったと。

現在、事業が上手く廻っているのも居残りさんの実力・質力でしょう?
これから何を目指します?




話は変わって、team500書き込み変ですね、何だか訳わからないものが・・・。

Commented by しろくま at 2007-09-04 20:21 x
お互い、秋の夜長に父を想い、ブルーベリーワインあたりで一杯やるとしますか?
星の見えない夜にも、光り輝く希望の星があることを教えてくれた、嫌いだったけれど大好きだった親父に乾杯!
Commented by inokorisan at 2007-09-04 20:31
>しろくまさn
ブルーベリーワインですか!私は最近は梅酒にはまっています。
おおなんか格好いいですね。希望っていいですよね。だんたんおじさん
になってくると現実を知っちゃうと言うかアキラメてしまう感じがします。
私の場合開き直った人生なので、どーんと来いそんな感じです。
Commented by inokorisan at 2007-09-04 20:36
>ぴんさん
アハハ やりたい放題の父でしたから、すごく借金は残していきましたよ。
昔から遺産はやらないよって言っていましたからね。(笑)それに会社も
ワンマンカリスマだったので、後処理に困りました。まぁやりたい事やって
ピークに亡くなったので、それはそれでいい事じゃないかな~と思って
います。ただ残された私は一苦労でした。妹3人に負債の相続させる
わけいかなかったので、全部負債は私が相続して、時代が時代な時
でしたので大変でしたよ。だから今なら少しは甘い蜜吸えたかな~
って思うときありますよ。競売されたし、競売で買い戻すし、おかげで
借金処理のスペシャリストになれました(爆)

私の実力ではありませんよ。回りが助けてくれてるからです。今後は
その人たちから受けた誠意を返す番です。

そうなんですよね。変なカキコミ増えましたね。消しているのですがね
やっぱゲストを中止して登録者だけにしたいと思っています。いかが
でしょうか?閉鎖的なものにしたくはありませんが、スパム除去しないと
いけませんね。
Commented by yume-no-izumi at 2007-09-07 20:48
お久しぶりです。居残りさまのメンターであろうお父様の存在と実際的な知恵にグッと来るものがありました。他のエピソードも交えて筆を執れば、青年実業家の人生経験を綴ったビジネス書が1冊作れそうです。また何か語っていただけるようでしたら、楽しみに待ちたいと思います。
Commented by inokorisan at 2007-09-07 22:05
>yume-no-izumiさん
そうなんでしょうね。私の近くにいた友人はこの4年戦争を本にすべき
と言う人もいますね。銀行との戦いとかね。銀行はどう攻めてくるとと
かね。それをどう防御して再生させるか。この辺のノウハウはあります。
お金の事は事業やってる人の悩みですからね。

<< TEAM500のページ 資材発注 >>