有楽町で会いましょう♪野望チャンス   

今日は定休日だったのですが、取引先の東芝さんの展示会で有楽町まで遊びに
行ってきました。

友人と出かけたのですが、新橋まで行って、お寿司ランチをして、とぼとぼ有楽町
まで歩きました。友人が「東京23区が20区までしか思い出せなかった」と言って
おり、おいらはと思い 歩きながら23区を指折り数えましたが、ぶっは!18区まで
でした。

目黒区 うむ 確かにある。私の記憶にはありませんでしたが・・・・
任天堂DSが必要かも・・・(涙)

で春の天気でした。散歩もいいですな。

展示会ざーっと見て、パチスロやっちゃいました。(笑)

「信長の野望」 5号機ではありませんよ。初代 信長の野望
この爆裂台も都内でも数えるほどしか設置されていません。「まんなっか」
それにこの台もそろそろ検定切れ。

去年から有楽町に1台あるのは知っていましたが、わざわざ有楽町まで
信長に会いにいくのもね~と思っていました。いい大義名分ゲット。

この台が現役の頃は好きで打っていました。と言うよりAT機は好きです。
初めて打ったときに、この台の知識も無いのですが・・・・天井状態で
リプレー5連をさせたことがあります。1000AT 
1000ATを取ると、万枚軽くオーバーするですが・・・その時9時から
1000ATに突入して、2時間結局ぶん回しで600ATしか消化しなかった
思い出があります。それでも8000枚

もう一度 リプレー5連させたい!と言う思いから、展示会そこそこ
有楽町までスロット大会。

懐かしくてちょっと感激しちゃいました。このしょぼい演出 ナイスです。
ビックや海苔(レギュラー)なんかどうでもいいです。いけー 1600回転
関が原の戦い 野望チャンスと言う名のAT 一度は聞きたい「まんなっか」

そうなんです。この台の醍醐味は天井到達からなのです。天井AT後
ボーナス引くまで戦国モードと言う状態に入り リプレー2連でAT5 3連でAT10
4連でAT100 5連でAT1000に突入するシステムなのです。

だから通常の高確からはずれ引いても楽しいし、はまり台にも楽しみが
ある おそろしい台です。

結果、そりゃ~大負けですよ。そんなに簡単に勝てる機械じゃないですからね。
思い出作りですよ。(くやし涙)
[PR]

by inokorisan | 2006-02-08 21:28 | 閑話 | Comments(0)

<< 石灰硫黄合剤 ブルーベリーと株主優待 >>