いんでぃ庵   

お昼に国立に行く用事があったので、旭通りにある気になるお店、「いんでぃ庵」に
行ってきました。

国立でカレーといえば いんでぃ庵 嘘つかない!・・・・とうわさの!?

まぁ カレー屋さんです。いつも行くとやってないのですが・・・さすがランチ時
やっていました。

お店に入ってみると・・・女性が多い! 私も国立でお店をやっていましたが
国立で成功するには、奥様連中を集める。で国立の土地柄 何故かお客が
うるさい。ただお金は無い。だからお店側から見ると、注文は多いクセに
たいした事はないと言う土地柄なんです。どうもう野暮たいです。
しかし、暇なマダムが多い街です。

そうそう この「野暮」という言葉・・・国立市谷保にある谷保天満宮から来たそうです。
谷保==>やほ==>やぼ こんな感じ 
理由は神様に怒られるといけないので、書きませんが・・・ネットでも載ってるはずです。

この「野暮」と言う言葉 私の好きな映画 川島雄三監督 「幕末太陽傳」の中で
主役の居残り佐平次が「野暮は品川の流行でげすか」と言うシーンがあって、印象に
残っています。まぁ佐平次の生き方が私の目指す目標げすけど。

で「いんでぃ庵」
d0022845_1639818.jpg

チキンカレー特盛り 850円(チキンカレー650円特盛り200円プラス)

ルーにあらかじめ焚いておいたチキンを入れて別の鍋で暖め直すという感じ
ですが・・・・

旨いです!まろやかで辛い 作りも高級カレーです。650円でこの味なら
バツグンです。
家では出来ない深みです。大量に玉ねぎを使わないとこの丸みは出てこない
感じがします。

国立に来たら スタ丼 ロージナ茶房のざいカレーと名物はありますが、
「いんでぃ庵」のカレー オススメです。

自称食通の辛口コメンテーターの私がオススメする珍しいケースです。
[PR]

by inokorisan | 2006-02-06 16:45 | 閑話 | Comments(1)

Commented by すのじ at 2006-02-26 09:14 x
「野暮」の語源、初めて知りました。

<< 雪が降りました てんとう虫 >>