ケヤキの葉っぱ   

昨日、アパートのケヤキの木の葉っぱ掃除に行きました。
今年はなぜか葉っぱの落ち具合が悪いなって感じていたのですが・・・

12月18日の朝日新聞の天声人語にケヤキの葉っぱがなかなか
落ちないと記事がありました。

やっぱそうっか!

「ケヤキの葉が枯れたまま落ちない現象は十数年前からあるが、
今年は特にひどい」
国立科学博物館の萩原信介さんは話す。
病害虫ではないようだが、葉と枝を切り離す離層という部位が十分に育たず
北風に吹かれても古い葉が枝から落ちない。

そうです。確かに私のうちのケヤキの木も花がいっぱい咲いた。
先日の風で、葉っぱほとんど落ちたのですが、なかなか落ちなくて
掃除するにもダラダラ長ったらしいから、一気に落ちてくれないかな?って
心待ちにしていました。

天声人語では「ケヤキが身を挺して何か警告しているのだろうか」と
〆ています。

今回の寒波といい。ちょっとづつ地球環境変わってきてるような感じも
します☆
[PR]

by inokorisan | 2005-12-20 02:37 | 閑話 | Comments(0)

<< 街はクリスマス一色だ 寒すぎ >>