黒豆の味噌作り(黒豆味噌)   

去年は2袋の黒大豆の種を播いて、10月頃散々枝豆で食べました。
配ってもみんな喜んでくれるので、半分ぐらい枝豆で収穫しないで、
種採りに乾燥させておきました。

1.5キロほど乾燥した黒大豆があったので、今年、種で使ってもせいぜい
300グラムでしょう。それも相当じゃないかな・・

さて、残った黒大豆が1キロちょとあったので、煮豆にしてもいいですが
食いきれない。
と、いう事で、お味噌を作ってみることにしました。

前日から準備して、吸水。
当日、9時に事務所のストーブで炊き始めました。
d0022845_21492770.jpg
10時から税理士に申告の資料渡し、13時から農工で仕事の打ち合わせ。

その間弱火で煮ていました。大学から戻ったのが14時だったので
ちょうどいい感じで炊けていました。

さっそく、クイジナートでペーストにしました。
d0022845_21515218.jpg
ひさびさにお店で使っていたクイジナートを出してきて、使ってみた。
容量が大きいので、一気にぜんぶ投入できた。たしか4Lあった
はずなので、豆も4Lほどあったのかな。

d0022845_21524730.jpg
つぶれていくのが楽しくてペーストにし過ぎました。(汗)

麹は立川の北島こうじ店で買いました。立川の繁華街で麹だけ
売ってるお店です。ものすごく古いです。子供の頃からありました。
初めて買い物しました。日頃、麹なんて必要ないので・・

お店やって時は出入りの酒屋が持ってくるみやこ麹を使って
いました。豆腐ようを作ったり麹結構使っていました。余った
麹で甘酒作ったり。既製品使わない料理長だったので、いろいろ
楽しかった。有名人だったので飛び込みで修行させてください。
と若い料理人が飛び込んでくるので、人材育成のようなお店
でした。

でも、毎晩食べる賄い。は若い料理人の披露の場だったので
店の主の私がおかわりするのか、しないのか。は重要な問題
だったらしいです。お店閉める時に、若い人にケンタさんがま
かないをおかわりするときはおいしい時で、食が進まない時は
イマイチ。と言うことで、料理長があいつの舌は正確だから
良くみとけと後になって知りました。
料理は1グラムの塩で決まる。いい言葉です。

d0022845_21573093.jpg

で、年末のたくあん漬けた時の塩がちょうど余っていたので、それで塩して
いざ、麹とペーストの合体。

寸胴にいれて、さて、腐敗するかお味噌になるでしょうか。
d0022845_21583532.jpg
事務所の倉庫で寝てもらいます。
[PR]

by inokorisan | 2016-03-05 21:59 | 閑話 | Comments(0)

<< さつまいも消毒 石灰硫黄合剤 >>