石灰硫黄合剤   

今年初めの富士宮の作業は硫黄合剤散布からでした。

d0022845_1134453.jpg
なんか毎年おまじないな作業です。

寒肥に自家製ぼかしをあげました。
d0022845_1136418.jpg

d0022845_11361863.jpg

防草シートだと地温が下がらないので、今年からバーグを敷き詰めようと
思っています。
[PR]

by inokorisan | 2016-01-19 11:38 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(2)

Commented by ぴん at 2016-01-19 23:00 x
チラッと見える噴霧器は私も使っている4Lの手動の奴ですかね?
居残りさん処の畑は広いからそんなんで賄えます??
石灰硫黄合剤散布、とりあえずは終わればホッと一安心、ブルーベリーには不意打ちみたいですが活動期に色んな薬剤使う事思えば気は楽です。

ぼかし、以前から作られていましたね。
作ったら?と言われましたけど・・未だに既製品。
Commented by inokorisan at 2016-01-23 08:59
>ぴんさん
箱の左に背負い噴霧器もあります。水を入れてもってきました。勘定していましたが、4Lだと4回ですね。
石灰硫黄合材を洗っていても、いずれ詰まっちゃいますから、4Lを使いつぶした方がいいじゃないかな。

うちはぼかしは寒肥に使っています。肥料も買えば高い
ですからね。作ると安いですよ。

<< 黒豆の味噌作り(黒豆味噌) ブルーベリー研究会でした。 >>