サトイモの貯蔵   

文化の日に芋ほり大会をしましたが、まだ、掘り上げてない。サトイモと落花生を
掘りあげに行ってきました。

今年はヤツガシラの出来が悪いです。密集させてしまったために奥が土寄せ
できなかったせいもあります。まぁ仕方ない。来年がんばります。

d0022845_5301786.jpg
やつがしら

草焼きバーナーを買ってみました。
前に教授と話した時に、草焼きバーナーってどうなの?って聞かれた
ことがありました。私はあんまり使えないみたいですよ~って答えた
のですが・・土壌表面の残渣は焼いてくれるけど、根まで焼ける訳
ではないので、どうかな・・的で言ったですけどね。

夏ごろ、所さんの「笑ってコラえて!」を見てたら、田舎の人が
草焼きバーナーで除草してるシーンがあって、あ~使ってる
人いるんだ・・って思って

この前、注文してみました。

d0022845_5353433.jpg
草焼きバーナー

笑ってコラえて!ではコンロガスのやつだったのですが、灯油の方が
長く使えるだろうと思って、灯油の方を買ってみました。
家の床暖房が灯油ボイラーなので常時200リットルはタンクに入って
ので、灯油の方が使い勝手がいい。
ただ、住人としては、床暖使い始めると、毎月4~5万灯油代が掛かってる
ので、冬の灯油代はなんとかならんか・・って実は思ってるですけどね。
まぁガスや電気にしても同じか・・

話は戻って

灯油ですから、気化器をあぶって、加熱しておかないといけませんが
3リットルぐらいはいるそうで、30分ぐらいは連続使用できるそうです。

予備加熱をしないと、灯油がぴゅーって出るので、沖縄戦みたいに
火炎放射器になります。
米兵はタンク背負って、火炎放射器持っていましたが、あれだけ飛ばす
ですから相当加圧してあるだろうな・・って実際使って思いました。

生火を飛ばすのが、この機器の使用方法ではないですけどね。
生火を飛ばすと「汚物は消毒だぁ!」気分にはなれますけど・・

で、予備加熱が終わると、いったん火が収まって、コックを開けると
轟音をだして、バーナーになります。アスファルトをあぶるときに
プロパンであぶりますが、あんな感じ。

草焼いてみましたが、青草もきっちり燃えて 燃えカスになります。
でも根までは燃えるわけではありません。土壌表面は焼き尽くす
ので、こぼれ種も焼けます。
のり面とかこれで焼けば、根は残るけど、上は残る的な利用を
考えています。バスターも良いけど、これの方がコスパいけそう
です。青草も一瞬あぶれば、一週間もすれば枯れちゃうだろし。

さすがに秋の畑ですから廻りは枯草の可燃物。山火事でも起こしたら
悪いので、試運転したぐらいでやめました。

焼き板や焼き杭を作るときには大活躍しそうです。
跡は畝立して、土を焼いてやればこぼれ種も焼けて、少しは
草対策になる感じがします。
まぁ土は不燃ですから、1~2センチぐらいしかあぶれないだろう
から土壌消毒にはなりませんね。
やっぱり土壌消毒には夏の太陽熱で湛水状態でビニールかけて
太陽熱消毒が一番なんでしょう。

雪の融雪にはこのバーナーいい感じになると思います。
雪降ったら試してみます。
[PR]

by inokorisan | 2015-11-08 06:00 | 富士宮開拓大作戦 | Comments(0)

<< 富士宮に行ってきました。 芋掘り大会をしました。 >>