ブルーベリーの緑枝挿し(挿し木)   

昨日のTokioの暑さはさっぱりとした暑さ。ここはハワイか・・って思うほどの南国
気分でした(居残的見解です)

気分が良かったので、なんか記事にすることないかな・・と思いました。
(亜果樹さん一応ネタ探しの努力はしています(笑))

屋上のブルーベリー(サンプソン)がシュートを伸ばしていたので、久々に緑枝挿し
をやろうと思いました。

あまり切りすぎてしまうと、苗を作ってるだか、剪定してるだか、って意味不明な事に
なってしまうので、ちょっとだけ拝借しました。

緑枝挿しと休眠挿し どっちがいいでしょうかね・・
緑枝挿しだと発根は早いが、年内の生長はあまり望めない。
休眠挿しだと発根は遅いが、当年の生長は伸びる。
経験上、今年やろうと来年春やろうと、あんまり変わらない。と思ふ。(笑)

では、緑枝挿しを冬季加温や補光したりして休眠させなかったらどうか。
やってみようと思います。(飽きるかもしれないので、途中で投げ出すかも)

まずは材料
d0022845_1362789.jpg
ブルーベリーの枝(サンプソン)

穂木を調整
d0022845_1374041.jpg
穂は小刀で1刀2刀と切戻します。

挿す。
d0022845_139472.jpg
水に戻したピートモス(ピートモスのみ)を育苗箱に入れて、穂木を挿す。私は斜めに挿す
ことが多い。

緑枝挿しはビニールを掛けて、密封挿しにすると、成功率は高そうです。今回は面倒くさい
ので、半日蔭でおきっぱにします。

緑枝挿しのポイント
・蒸散量を減らす為に、2枚程度残し大きな葉は半分程度まで切る。
・旧葉の元に葉芽が発生し、それが伸び始めたら発根してる。(休眠挿しだと2回目の伸長)
・密封法も成績がいい気がする。ミスト装置などあると尚good
・日陰はダメ 数日は木漏れ日のあるようなところで、養生してあげるとgood その後日向で
 養生
[PR]

by inokorisan | 2014-07-29 13:21 | ブルーベリー | Comments(4)

Commented by 亜果樹 at 2014-07-29 21:22 x
やってますね^^
居残りさんは本当にブルーベリーが好きなんですねえ。
私はこの糞暑いのに挿し木なんかやる気が起きませんもんね。
今日は接ぎ木苗が日当たりが良すぎて調子崩していましたので日陰に鉢が来るように移動しておきました。
広い畑だから何ぼでも植えられる違いも大きいのでしょうけど。
明日は水タンクを車に積んで持って帰ってきます、次行く時はタンクに水を入れて水かけですね。丁度車に積める250リットルのタンクです。
Commented by inokorisan at 2014-07-30 00:38
>亜果樹さん
昨日、今日とさわやかな夏日だったので、外仕事は良かったです。また明日から蒸し暑くなるみたいですけどね。
片方で200本は入りそうで、どんどん苗を作りたいと思っています。
昔、うちの設備屋がメーター申請が間に合わなくて、受水できなくて、タンクを数個買って自分の事務所から何度も運搬させたことがあります。数日だったのですが、水タンク数個が現場に捨てて行かれたので、1個小さいのを拾っておきました。しかし、250リットルのタンク車に積めるのですね。今度、ボールバルブつけてホースつなげられるようにしようかと思っています。
Commented by KOH at 2014-08-01 03:33 x
挿し木は簡単ですが、伸びた芽が確実にスガにやられちゃう。
こちらでは、網室がないと難しいです。
Commented by inokorisan at 2014-08-04 19:57
>KOHさん
そうですか。うちはそんなことにはなりません。

<< 久々の富士宮 ほったらかし温泉 >>