セティさんが来社   

午前中は確定申告の資料を税理士さんに渡すので、資料をまとめたりして
税理士さんと1時間ほど申告について打ち合わせをしました。まぁ打ち合わせを
終わったので、駅まで税理士さんを送りに出たのですが、帰ってくる最中に事務所
から「大阪のFさんがいらしています」

予定外の来訪にびっくり。「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。」とはまさに
このこと。セティさんが東京に用事あったそうで、時間があったから顔を出してくれ
ました。

1時間ほど事務所でおしゃべりさせていただきました。セティさんと会うのは去年夏に
大阪梅田で美舟でお好み焼きをいただきました。

もっとゆっくり時間があれば、東京の名物でもごちそうしたかったのですが残念です。
事務所で出前で取った近所の蕎麦屋の天もりそばじゃ悪かったな~って思いました。

まぁまた大阪寄らせていただきます。その時はセティさんまたよろしく。

夜、家に帰ってきて、夕刊みると、「ヒガシノカゼ、アメ」開戦暗号が外交文章で裏付け。
ってありました。ん?これは以前から知っていたことですが・・なぜ今更一面を飾る
ような記事なんだろう?って思ったのですが、私、戦時のラジオとか、暗号の本を
読むのが好きで、この辺好きなネタです。古くはシーザー暗号、今はPGP公開鍵暗号。
その中でも戦時中の暗号。暗号って今も昔もたいして変わってなくて、使われた文字(言葉)
がかた偏るのをただひたすら解読する。データー量があればアルゴリズム読解される品物で。
まぁ今は超長い素数を使っていますがコンピューターが総当たりしていけばいつか解ける。
そういう観点から言えば今も昔、力技ですよね。

高校生の時にラグビーやっていましたが、結構サインがありました。バックスは手でサイン。
これから行うセットプレイを手でサイン出して。バレーボールの人がサイン出すのと
同じですね。
そして私のポジションのフォワードでは声でサインが出ていました。
声なので暗号です。ラインアウト(ボールを投げ込む)時に、投げる人がなんか数字とか
言ってるのですが、何番飛んでキャッチしろ。と言うのを命令(サイン)してるのですが、
同時に相手チームも聞こえてるので、何度もやってると暗号が解けてきます。相手チームが
3番飛ぶぞ。とか当たってるとドキッとします。相手のサインも慎重に聞いて読解しています。

私たちの使っていた暗号はなかなか独特でした。当初は簡単なサインだったのでばれる
ことが多々ありました。1024など言われると、下2桁目の2番が飛べ。とか単純。
最初の数回は単純暗号(A暗号)を使って、途中から暗号Bになったり。
暗号Bは結構難解。試合やってる時間では分からないだろう・・的な安全性。

例えば1は0 2も0 3も0 4も0 5も0 6は1
568と言えば3 なので単純だと3番が飛べ。になります。これはなかなか難解にするのが
簡単で、ばれ始めたら足し算、掛け算、ルートなどを入れれば完璧。だいたいばれません
でした。
8175x9232とかね。これは3
平方根98954とか これは4 これをバージョンアップさせると
三角形ABCの面積は98954とかもありです。 これは6

鶏助(けいろく)
鶏の肋骨ことです。Three Kingdoms(三国志)の中で曹操が夜の合言葉にちょうど
啜っていた鶏のスープを眺めて「鶏助」と言ってしまいます。さて?部下はなんのこと
やら・・それを聞いた楊修は曹操の心中を察して、だしを取るにはいいが、鶏のアバラ
は肉がついてなくてお腹を満たすことはできない。でも捨てるのに惜しい。
と暗号解読し、主人の心中は惜しいが撤退すると解読し、撤退の準備を始めます。
たしかに負け戦なので撤退をするのですが、頭の良すぎるのも命を縮めてしまいますね。
結局、士気を弱めたなど言われて楊修は首を刎ねられてしまいました。

と言う暗号こぼれ話でした。
[PR]

by inokorisan | 2013-03-07 23:49 | ブルーベリー | Comments(2)

Commented by セティ1世 at 2013-03-08 19:35 x
昨日はお昼におそばごちそうさまでした。おいしかったぁ!!急にお邪魔してごめんなさいです。東京のような広いとこに行くと土地感覚がわからん分、移動の時間も分からんもので…また西へいらしたときはオフ会しましょう!!お母様によろしくお伝えください。
Commented by inokorisan at 2013-03-09 01:16
>セティさん
いやいや、こちらこそうれしいお客さんで楽しかったです。今度は東京の旨いものでも食べに行きましょう。(笑)
また夏に高校野球見に行きたいと思っていますので、その時はオフ会しましょう。楽しみにしておきます。

<< 富士宮の掃除に行ってきました。 先進植物工場研究施設のホームページ >>