屋上の設備が向上   

昨日は日曜日だったので、同級生が手伝ってくれて、設備のアップデートしました。

・水栓を増設しました。
・散水レコーダーRTR-310をつけました。
・1階の事務所から屋上までLAN線を引きました。

夏の潅水の対策に、ティアンドディの散水レコーダーを買いました。それで挿し木
や接木中苗にミスト潅水をして、面倒を乗り越えようと思っています。
その散水レコーダーをつけるために、水栓を増設し、散水レコーダーのUSB無線
を有線LANで制御する為に、net.USBを利用して、事務所のパソコンより散水
命令を出せるようにしました。

事務所LAN----(cat5e)----屋上ETG-DS----(USB)---RTR300===>RTR-310
こんな感じで接続しました。
散水レコーダーを買ってみた。(関連記事)
写真は取り忘れたので、挿し木トレー置き場が完了したら写真を撮りたいと
思います。

とりあえず夕方、水栓設置、散水レコーダー設置、LANで配線も終わったので
テストしてみました。ちゃんと水も出るし、事務所PCから通信も出来てちゃんと
散水レコーダーも動きました。
後は育苗棚とミスト潅水を完了させればOKです。
[PR]

by inokorisan | 2012-04-17 01:04 | ブルーベリー | Comments(2)

Commented by ぴん at 2012-04-17 06:42 x
機材のHP拝見しました。世の中便利なもんです(^_^.)
小鉢にはミスト、大苗鉢には設備から直接潅水になるんでしょうか。
こちらチマチマと挿し木した7.5cmポットがやがては鉢増し等で様相変わる、その時にはそれなりに鉢までの配管も変えてやるんですよね。
用土の湿り具合で出たり止まったりは・・夏でも留守出来る!(^^)!
Commented by inokorisan at 2012-04-17 15:44
>ぴんさん
ちょっと便利を目指しています。夏の猛暑を乗り越えようと思います。大鉢は何もしません。小いのだけメンテしようと思っています。土中湿度も観察してくれるので、それで潅水もしてくれるそうです。まだ試してはいません。私が目指してるのは、挿し木、接ぎ木は気中湿度90%を維持したいですけどね。ブルーベリーの為ではないのですが・・

<< みかんの接ぎ木も動いてきた 37 Steakhouse >>