AMD Athlon ii   

昨日、夕方、屋上でラジオを聴きながら、ブルーベリーの作業をしていた
のですが、突然、ラジオがバッっちって言って切れました。ん?停電だ・・
屋上の電力はアパートの共用電源を使ってるので、あら・・使いすぎたかな?
と思っていたら、携帯に電話きて、下の事務所でも停電があって、PCが落ちた
けど、大丈夫?って連絡が来ました。まぁ落ちちゃったものは仕方ないよ。と
話しました。停電して30秒ほどで復旧しました。これは建物のブレーカーが
落ちた訳ではありません。周辺地域全体が落ちたと言う訳で・・東電さんが
落ちるなんて滅多にありませんので、珍しい~って思いました。

自分の部屋のエアコンが突然点滅して再起動できなくなって、去年の夏から
部屋を放棄して、和室で過ごしているのですが、PCとか高性能ラジオとか
は部屋に置いたままです。和室ではネットブックで過ごしていました。
埋め込み式のエアコンで、リセットさえも出来ない。電源も落とせない。
こりゃメンテナンスを呼ばないとだめだな・・
なんて思っていたのですが、昨日、部屋に行ってみると、なんか涼しい・・
最初はわかっていなかったのですが、エアコンが動いています。リセット
さえ出来なかったのですが、停電のおかげでリセットされて復旧されていま
した。ラッキーです。

この部屋 激暑部屋だったのですが、エアコンが復旧されれば・・なんとか
すごせます。

そうなってくると、パソコンもやりたくなる。基本私はPCは自作するのですが
今使ってるのは、なかなか新しいPCが物件に捨ててあって、CPUやら取り外して
MBなど追加部品を買って、組みなおしたものですが・・今では古い。pentium4
の3Gですからね。普通にネットいじってるだけならぜんぜんOKなんですが・・

PERSEUSって言うソフトウェアラジオを使っているのですが、それ自体はただの
箱で、PCにUSBで接続してはじめてラジオとして機能します。PCにエンコード
させて、高機能を発揮します。その高機能ぶりは凄いですよ。だからBCLやってる
人は話題のラジオです。

電波が波として視覚化されてるので、PCから波をいじって、ノイズを消したりして
劇的に波を改善できるので、革命に近い機能を発揮します。まぁ11万近く
するので、まぁこれぐらいの高機能は欲しい物です。
ところがPCにもスペックを求められ、高機能CPUを必要になります。推奨はcore
duoを使えってことで、Pentium4なんてギリギリのスペックでかろうじて動くよ。
って言う感じでした。

せっかくエアコンも直ったし、perseusもいじりたい。で夕方、近所のPCショップ
行って、部品を仕入れてきました。近所にPC工房があるのですが、まぁ便利だね。
自作部品がそろってるので、昔はアキバでMBやらCPUやらMemやらって集めた
ものですが、歩いて5分にこんな店があるのは便利です。なんでこんなところに出店
したのか?疑問なんですけどね。

で部品を買いに行きました。HDDはやたらあるので、HDDは必要がないのですが
MBやらCPUやらMEMと電源が必要でした。CPUが決まれば、すべてが決まります。
さてCPUですよ。intelかAMDか・・で選択したのはAMDね。久々のAMDですよ。
もう10台近く作ってきましたが、AMDは久々の久々。一番最初に使ったのは
AMD-K6ですよ。pentiumを置換するのにK6を使いました。それ以来。

なんでAMDにしたか・・値段ですよ。値段。(笑)Athlon x2 250が6380円
これでいいよ。充分・・って決めました。置いてあるCPUなかで一番安かったから
それがいい。って思いました。でMBも一番安そうな奴。ATXだと高かったからmicro
ATX後はメモリーと電源 トータル2万4千円でした。

Perseusの保証してるCPUはインテルなんだけどね・・まぁ関係ないでしょ(笑)

早速、組みました。でXPをインストしてね。終了

perseusを接続して、その快適さを確認しました。これで全機能を使うことが出来ます。
sampling rateを2000kSにあげてもCPU使用率は70%に跳ね上がりますが、音とび
とかはありません。2000kHzを一気に保存しますので、この機能を使うとAM(中波)
の端から端まですべての電波を記録することが出来ます。ただこの機能使うと、HDは
ものすごく容量を使いますけどね。

このMBの内蔵VGAがDVIとアナログで、もしやDUALでディスプレーつながるの?と
思ったら、ちゃんとマルチになったので、これはラッキーです。今のMBはDUAL出力
出来るのですね。いい事だ・・
[PR]

by inokorisan | 2010-06-23 00:59 | 閑話 | Comments(2)

Commented by けろけろ at 2010-06-28 23:16 x
こんばんは。

少し前は、私もPCを自作する情熱があって、Pentium4のPrescottコアで発熱が尋常ではない時代に、ケースにドリルで穴をあけたり、排熱用のダクトをつけたりして遊んでいたのですが、最近は、その情熱がなくなって、すっかりショップブランドPCに落ち着いてしまいました。

今、もっぱらの課題は、もうすぐサポートの切れるWindows2000のノートPCをどうするかです。
とりあえず、XPをいれると、起動するまでに飯がゆっくり食えるくらいかかるのが分かっているので、LinuxかSolarisでもいれて遊ぶしかないかなと思っています。
Youtubeにもみすてられたし…
Commented by inokorisan at 2010-06-29 00:01
>けろけろさん
プレスコットは発熱王でしたからね。懐かしいです。ちなみに前に使っていた P4はノースウッドでした。拾い物で、ヤッター北森だよ。って思った事があります。私の使ってるケースが今は無きwindyシリーズのアルミ箱なのですが、星野金属は市販の電源が逆に付くのですよ。だから電源のFANが天板側になります。だから排熱されないのです。穴あけるかな~って思ってるですけどね。アルミなので熱が全体で放出してる感じで、開けなくてもいいかな・・なんて放置しています。今使ってるAMDのCPU 結構電力も低くて、発熱も低くていいです。
W2Kのノート 今だから98まで落とすといいじゃないかな。(笑)まぁ最近のLinuxは力がいりますので、昔のやつがいいですね。

<< 深大寺温泉 ゆかり バジルの収穫 >>