映画 インビクタス   

イーストウッドには映画の神様が降臨してる・・なんて声が聞こえていますが。
今日は「インビクタス 負けざる者たち」を観てきました。
1995年のラグビーワールドカップの話です。第3回南アフリカ大会の時です。

居残りはラグビーファンなので、その時のワールドカップもTVで観ていました。
ラグビーワールドカップってサッカーワールドカップみたいに日本ではまったく
注目はされていませんが、ワールドカップと言うだけあって、ヨーロッパや
オセアニアではサッカーと同じくくらい大きな扱いです。

映画を観ながら思い出しました。当時の南アフリカのラグビー情報が全然なく
て、私の認識でも強いらしいよ・・ってぐらいでした。アパルトヘイト政策で
南アが国際大会の締め出しをくっらっていてワールドカップはじまって南アの
ベールが脱げた訳です。そして南ア・・ものすごく強い。当時の私には驚いた
思い出があります。

そんな第三回南アフリカ大会はこういう事だったのか・・って分かりました。
ちなみに映画は泣けます。私は映画で泣くことは少ないですが・・いつも泣く
のは「陰日向に咲く」それに続きました。

ラグビーシーンは迫真です。と言うかラグビーってああやって人間止めに行く
し、ぶつかって行く。ホント良くできています。
またWorld In Unionを歌ってる黒人さん。1995年のワールドカップを観てる
のと同じです。良くできてるな~って感心します。

調べてみたらyoutubeに当時のワールドカップの動画がありました。

参ったね。まったく映画と同じシーンです。

バンクバーオリンピックが終わって、オリンピックが国威発揚な場であるか?と
総括されたりするけど、この映画見たら、そうだな・・って思う。
2019年のラグビーワールドカップは日本で行われるだけど、どうなんだ・・
このままいくと日本のラグビーの最期が2019年に起きそうな感じがする。
映画ではマンデラは優勝を目指したけど、毛頭、9年掛けても日本がオール
ブラックス相手に勝てる訳無いし。日本が一勝も出来なかった。と言うエンデ
ィングを迎えたら、日本でワールドカップやる意味は無いし、何が残るのだろう。
日本のラグビーがなくなっちゃうじゃないかな・・。
まぁサッカーワールドカップの例もあるから、意外にいけるのかもしれない。
[PR]

by inokorisan | 2010-03-04 02:06 | 閑話 | Comments(2)

Commented by 座敷童 at 2010-03-05 02:58 x
ラグビーも面白いですね。
今は未だ世界には歯が立ちませんが何とか8年掛けて一つでも多く勝つチーム作って欲しいですね。
エチョータの件了解です。
Commented by inokorisan at 2010-03-05 03:22
>座敷童さん
ラグビーは面白いね。やっても面白いけど、見ても面白いですね。やっぱりグランドで見ると迫力がすごいです。この映画もプレイシーンはものすごく迫力があります。8年後までにジャパーンが劇的に強くなっていたらきっと面白いだろうな・・って思った次第です。
エチョータすみませんよろしくお願いします。こっちは真性ブルクロ持って行きます。

<< 群馬下仁田オフ会 春は近そう >>