アルプス乙女   

昨日、sappiさんから、立川農業試験場の祭りがあるからいきませんか?
といわれ、そんじゃ行きますか・・と出かけてきました。

最後にsappiさんから苗がもらえるというので、軽トラで来た方がいいで
すよ。と追伸メールが・・

さっそく会場につきまして、sappiさんは既に無料苗配布のところで落ち
合いました。さつき・姫リンゴ・銀木犀などの苗をくれるということでした。
人気は銀木犀でした。私もsappiさんも姫リンゴもらってから再度並び
銀木犀を頂きました。

アルプス乙女はなんだかものすごくでかくて、2m50ほどある堀上苗
でした。なるほど確かにトラックでないと運べないわ。しかしでかすぎで
地植え向きですね。庭に植えるところないから、切り詰めて鉢で
育てたいと思います。銀木犀や自分では買わないだろうリンゴの立派な
木をもらえて良かったです。

家に戻ってきて、柑橘の腹接ぎをやりました。そんなことをやっていたら
日が沈むの早くて写真も撮れず仕舞い。秋も深まりましたね~
[PR]

by inokorisan | 2009-10-24 19:38 | その他果樹 | Comments(2)

Commented by sappi at 2009-10-24 22:55 x
今日はお疲れ様でした
それにしてもアルプス乙女でかかったですね~
先ほど見たどっかのHPでは今日剪定すると
花芽が付きづらくなるような事が書いてありましたが
どうなんでしょうね?
引用させて頂くと・・
【苗木が若い間は余り剪定しません。強剪定すると樹勢ばかり強くなって花芽が着きにくくなります。
実が成るようになったら12月から2月の間に翌年に花芽がつきやすいように剪定をします。】
これってどれくらいが若木なのかな?
果樹は良く分からないんですがね・・・

そうそう柑橘上手くいきました?
Commented by inokorisan at 2009-10-25 02:09
>sappiさん
そうですよ。リンゴは短果枝に着果しますので、徒長枝を剪定するぐらいでいいでしょう。まぁ今回の目的は背を低くすることですから、切り戻ししてあげれば良いでしょうね。あれは既に接ぎ木から3年経ってる木ですよ。
今日も話した事ですが、若い木は剪定しない。これはブルーベリーでも同じです。ブルーベリーは若いうちに強剪定するといじける。

カンキツ 腹接ぎしましたが、なかなか難しいですね。慣れた頃にはもう枝がなくなりました。おそらく全敗するかもしれません。

<< 昨日の作業のつづき ごね得だ >>